夜に移動するのもあり!バスツアーでスキーを楽しむコツ

夜行バスを活用するスキーツアー

スキーツアーではバスを利用しているものが多数あります。バスツアーを有効活用してスキーを存分に楽しめるようにするコツとしてまず知っておきたいのが夜行バスの活用方法です。新幹線や飛行機と違ってバスは運転手がいれば夜に移動することができる交通手段であり、夜行バスを利用すると眠っている間にスキー場に向かったり、帰ってきたりすることができます。行きを夜行バスにすればスキー場がオープンするときには既にスキーの装備を整えておくことができ、帰りを夜行バスにすれば夜まで滑っても時間的に余裕があるのです。行きも帰りも夜行バスにすることも可能であり、スキー場の滞在時間を最大限に長くするのに有用な選択肢になっています。

日帰りでも宿泊付きでもお得

バスツアーは日帰りのものと宿泊付きのものとがあり、どちらも夜行バスを利用することができます。日帰りの場合には往復共に夜行バスを利用すると丸一日スキー場で滑ることができるため、宿泊費用もかからないことから経済的にメリットが大きい方法としてよく利用されるようになりました。週末を有効活用しようというときには日帰りも宿泊付きも人気があります。週末に夜行バスで往復する日帰りをすると一日は休んで体力を回復することが可能です。宿泊付きにして行きだけ夜行バスにすればスキーを存分に楽しんで現地でのんびりと休憩もすることができ、帰りはあまり体力的に負担のない昼行バスで帰ってこられるというスケジュールにできるのでお得な週末旅行になります。