さんぶんのいち漫画ネタバレ最新31話!感想も(ベツコミ2020年1月号 千葉コズエ)

2019年12月20日

ベツコミ2020年1月号に掲載の「さんぶんのいち」31話。

この記事ではそのネタバレと感想、無料で読む方法も紹介していきます。

今すぐ漫画を無料で読みたい方はU-NEXTがおすすめです。

理由は以下3点です。

  1. 初回登録時に600ポイントもらえる(電子書籍に使える)
  2. 無料期間の31日以内に解約すればお金はかからない
  3. 登録およそ5分、解約3分程度
\今すぐ無料で読む方はこちら/

目次

漫画さんぶんのいち(1/3)最新31話ネタバレ

慎のキスの意味

慎の突然のキスに紫陽花は困惑していました。
女友達に慎がどういうつもりだったのか相談してみました。

すると、付き合っていたときは慎がどういう人だったか?と聞かれます。
紫陽花は誠実な人だったことを思い出します。

そんな人が身勝手なキスをするわけがない、慎はまだ紫陽花のことが好きなんだと友達は言います。

慎はアメリカに行く

ある映画監督のもとにやってきた慎。
監督にアメリカ行きを悩んでいたことを伝えます。

それは紫陽花と離れ離れになるからでした。
映画のようなストーリーに感心する監督。

慎は決心したと言います。
自分の将来の目標が紫陽花のそばにいること、それではかっこ悪い。

自分の夢をしっかり叶えて成長したい。

そう伝えるのでした。

アメリカ行きを紫陽花に伝える

学校で自分の映画を披露する慎。
素人目でも分かる才能だと評価されるのでした。
映画監督に目を留めてもらい、彼の事務所で映画の勉強をする予定であることを話します。

紫陽花もその話を聞き、慎の才能が評価され、夢を叶えようとしていることにお祝いの言葉を贈ります。
慎は勉強するためにはアメリカに行かなければいけないことを紫陽花に伝えます。

一瞬戸惑う紫陽花。

慎は卒業前にも準備で日本とアメリカを何度か行き来しなければいけないといいます。

一生会えなくなるわけでないだろうと慎に確認すると、卒業後は日本に帰れる機会はまずないことを伝えるのでした。

紫陽花を呼び出し、告白

自分の部屋で慎の言葉を思い返す紫陽花。

そこで慎から今会えないか連絡が来ます。
慎と海岸で会う紫陽花。

慎は紫陽花のことが好きだと伝えます。

しかし、慎はこれからアメリカに行かなければならず、紫陽花を日本で待たせることはできない。

離れたままずっと好きでいてくれるわけがないと考えていました。

そして夢を選んで遠くに行き、何年か経ってから紫陽花と付き合い直すなんて都合が良すぎると思い、伝えらないのでした。

自分が夢の道で成長して、そのときに紫陽花に告白し直そうと決めていたのです。

紫陽花は笑顔で慎の夢を精一杯応援すると伝えます。

遊の前で自分も目標を探すという紫陽花

学校では普通に接し合う慎と紫陽花。

その二人のやりとりを見て、遊は苛立ちを隠せません。
なぜ好きな人と離れ離れになって笑顔でふつうに過ごせるのか?

紫陽花はできることなら待っていたいと言いますが、慎の負担になるのが嫌でした。
そして、慎の横にいるだけの夢のない女性でいたくない、立派な女性になりたいと考えていました。

遊は二人の本当の気持ちを察し、バカだと言います。
遊は少しだけただの友達に戻るから、その間だけ紫陽花に泣いていいと伝え、紫陽花は涙を流します。

感想

慎も紫陽花もできすぎてると思いました。
自分の気持ちを押し殺して、お互いの将来のために別れる選択をするのは辛いはず。

今は笑顔で接していても、卒業して本当に離れてしまうときは悲しみを隠し通すことはできないのではないかと思いました。

それをどこかで予感しているからこそ、笑顔で普通に接しようとしていたのかもしれません。

素直になってほしいと思う反面、でも夢はどうする?というジレンマを読んでいる方も感じてしまいます。

こういう場合に一番いい選択はなんなのか、考えさせられます。

無料で最新話や最新刊を読む方法

おすすめはU-NEXTです。

無料で読む方法を簡単にまとめると、

  1. 初回登録でもらえる600ポイントを受け取る
  2. ポイントで漫画や漫画雑誌を読む
  3. 無料期間の31日以内に解約する

U-NEXTは動画だけでなく、雑誌や電子書籍も配信しています。

初回登録から31日間は無料でサービスを利用でき、登録時に600ポイントをもらえます。

見放題対象の動画や雑誌はそのまま無料で視聴できますが、漫画や漫画雑誌は有料コンテンツなので、初回登録時にもらえる600ポイントを電子書籍に充てることができます。

この600ポイントで 電子版や最新刊を読み、無料期間の31日以内に解約すれば無料で読めます。

その他の漫画のネタバレはこちら↓↓

ベツコミ

Posted by zuku