柚木さんちの四兄弟 最新話17話ネタバレと漫画感想 (ベツコミ 2020年1月号)

2020年5月11日

ベツコミ2020年1月号に掲載の「柚木さんちの四兄弟」。

この記事ではそのネタバレと感想、無料で読む方法も紹介していきます。

今すぐ漫画を無料で読みたい方はU-NEXTがおすすめです。

理由は以下3点です。

  1. 初回登録時に600ポイントもらえる(電子書籍に使える)
  2. 無料期間の31日以内に解約すればお金はかからない
  3. 登録およそ5分、解約3分程度
\今すぐ無料で読む方はこちら/

スポンサーリンク

目次

柚木さんちの四兄弟最新17話ネタバレ(ベツコミ2020年1月号 藤沢志月)

岳の日記生活スタート

岳は日記帳を公民館のイベントでもらいました。

しかし、代わり映えしない日常に日記を埋められる自信がありません。
隼はその岳の言葉に責任を感じて泣き出してしまいます。
もっといろんなところに連れてってあげられればよかったと。

日記の内容は自分の思ったことも書いていいと伝える尊。
湊は自分のことを書いてくれると嬉しいといいます。
しかし、日記は誰かが見ていいものではないと尊に言われ、湊はがっかりします。

自分の気持ちや思ったことを書いていいならと、岳はその日から日記を書くことに決めます。

晩ごはんはサワラの酒蒸し

岳が以前テレビを見て食べたいと言ったサワラの酒蒸しを夕食に食べることになりました。
隼はそれを覚えていて、早く帰ってきたのでした。
岳に料理をふるまおうと意気込んでいます。

岳は隼が早く帰ってきた理由を知り、気を使わせてしまったことを申し訳ないと思い、気持ちを伝えます。
隼は岳の言葉にかえってショックを受けてしまいます。
普段から弟たちに我慢をさせてしまっていることに責任を感じていたのでした。
だから食べたいものを食べさせたいと思っていたのです。
隼は一層自分のふがいなさを感じてしまうのでした。

それに対して岳は普段から隼に思っていた感謝の気持ちを伝え、誤解させたことを謝ります。

そこに湊が帰ってきます。
今日の晩ごはんを聞く湊。
サワラの酒蒸しだと伝えると、ハンバーグがよかったと騒ぎ出します。
しかし岳のリクエストであることを伝えると、態度が一変。
湊は岳に、サワラの酒蒸しは大好きだといいます。

その夜、岳は場合によっては謝ることで相手に気を使わせてしまうこともあると。
湊のように素直に気持ちを表現するほうが相手の負担にならないこともあるんだと学び、それを日記に綴りました。
日記を書いたあと、日記が頭の整理や復習にいいと感じる岳でした。

隼から見た弟たち

湊は赤点を取ってしまいます。

勉強している中、横から口出しする尊に腹を立てる湊。
尊はそれに対してありがとうという。

岳はこの二人の会話が微妙にズレている様子に年が近いからこそ通じるものがあるのだろうと嫉妬を感じます。
しかし、隼は教えてもらっているのに文句を言う湊を厳しく叱ります。
岳は普段温厚な隼がここまで怒るのは、親の代役になって弟たちの将来を思っているからだろうと思います。
そこでふと気づく岳。
隼は一人っ子の期間が長かった。
隼にとって弟たちがどう見えているのか気になるのでした。

岳がそれについて聞くと、隼は弟ができたときの気持ちを話します。
母親のお腹が大きくなるにつれて、弟ができることが実感されてきた。
そして初めての弟ができたときは嬉しかったと。

しかし、尊とは年が大きく離れていたので、弟という感覚はないという。
岳は息子の感覚かと思ったが、隼はそれを否定し、孫だと言います。
それは、親がまだいたから、厳しくする役目は親で、自分はただかわいがってやればいいという、祖父のような感覚で接したからでした。

そこで岳は自分がひ孫に見られているのか聞きますが、隼はそれを否定します。
岳は旦那さんだと言うのです。
隼のことを少し遠く感じる岳でした。

岳は湊や尊が自分をどう思っているのかも気になります。

尊や湊から見た岳

ある雨の日、岳が本を読んでいる姿に見とれている湊。
息をしているだけでかわいい。
どう思っているのか聞くと天使だといいます。
岳はそんなふうに思ってもらえていることを嬉しいと答えます。

そしてそんな兄を持つ自分は弟として幸せだと。
尊もそっと湊の後ろから顔を出し、湊が息しているだけでかわいいと伝えます。

尊は続けて岳に、自分は湊が息をしていなくても愛せると言います。
不気味な物言いに反発する湊。

尊は岳をどう思っているのかと聞くと、弟としてかわいくも思っているが心を乱すライバルだと。
岳は年の離れた兄にライバルと言われたことに光栄だと返します。
尊は岳の返答が眩しすぎて消え入りそうになるのでした。

お墓参り

四兄弟の毎月の恒例行事、お墓参りに行きます。

その日は昨日に続いて雨。

湊は長靴でしたが、尊が長靴履いていないことに気付きます。
尊は長靴が小さくなったので普通の靴を履いていたのでした。

自分も小さくなったから普通の靴を履くという湊。

隼は湊は濡れるとすぐ風邪を引くから駄目と言います。

駄々をこねる湊に、岳はお揃いだと湊に伝えます。
それを聞いた湊は機嫌を直し、長靴に満足してしまいました。

湊の扱いのうまさに感心する隼と尊。

バスで墓地に向かい、到着したらお墓をきれいにして四人で手を合わせます。
その中で岳は少ない両親との思い出を考えます。
4歳のときに亡くなり、あまり覚えていない。
ただ、とても優しかったことは覚えている。
会いたくてももう会えない現実に胸が締め付けられると心のなかで思うのでした。
お墓参りが終わると、雨もやんで晴れ空が顔を覗かせます。

隼はせっかくだからこのままどこかに行こうかと提案します。
兄の3人は岳はどこが行きたいか聞くと、岳は兄さんたちと一緒ならどこでもいいと言います。

岳は両親がいなくても優しい兄達に囲まれて暮らせる今に幸せを感じます。

感想

岳は一番下にもかかわらず、兄たちからは同年代以上の存在になっていたことが、意外といえば意外ですが、岳の大人びた態度を思えば納得してしまいます。

隼の「旦那さん」発言の真意はなんなのかが気になるところですね。
老師ですらその意味を読み取ることができませんでした。
隼は自分が奥さん的な立ち位置と感じているのかも。

とはいえ、お墓参りでは岳の子供らしい一面をちょっとは見ることができました。
大人びた性格ですが、そんな面を見せるとギャップがたまらなくかわいく思えてしまいますね。

柚木さんちの四兄弟の最新話や最新刊を無料で読む方法

おすすめはU-NEXTです。

U-NEXTは動画だけでなく、雑誌や電子書籍も配信しています。

初回登録から31日間は無料でサービスを利用でき、登録時に600ポイントをもらえます。

見放題対象の動画や雑誌はそのまま無料で視聴できますが、漫画や漫画雑誌は有料コンテンツなので、初回登録時にもらえる600ポイントを電子書籍に充てることができます。

この600ポイントで 電子版や最新刊を読み、無料期間の31日以内に解約すれば無料で読めます。

文章では伝えきれなかったところがたくさんあるので、ぜひ絵のついた漫画も読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓

ベツコミ

Posted by zuku