※本ページはプロモーションが含まれています

無法正義ネタバレあらすじ全話と漫画感想!wiki風に登場人物も

2024年6月22日

漫画「無法正義」の全話ネタバレあらすじや感想を知りたい方々に向けて、今回の記事では詳細な情報をお届けします。

法律を重んじる新人警察官・中馬茜と、ルールを無視して暴れる益満久介。

この相反する二人のバディ刑事が、次々と事件を解決していく様子は、多くの読者を魅了しています。

しかし、物語の展開やキャラクターの背景が複雑で、時折ついていくのが大変と感じることもあるでしょう。

そこで、本記事では「無法正義」の全話ネタバレあらすじや登場人物の詳細な紹介を、わかりやすくまとめました。

キャラクターの関係性や物語の核心に迫る内容をしっかりと解説することで、読者の皆さんがスムーズに物語を楽しむ手助けをします。

さらに、読者の感想も交えながら、作品の魅力や注目ポイントを徹底的に掘り下げていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

今すぐ絵がついた漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアおすすめです!

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

無法正義 許されざる警察をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!



【私がシーモアを3年以上使って分かった結論】
・お蔵入りリストと化していた「ほしいもの(漫画)リスト」がウソのようにスッキリ
・知らなかったら毎月5000円レベルで損+漫画検討で休日終わる日々を続けていた
同じ金額で倍近い量の漫画を買える+漫画検討時短で、休日は漫画に没頭するハッピーな一日を過ごせる
私の3年分の使用体験を今すぐ知れるレポートは以下の記事にまとめています。
↓ ↓ ↓



配信状況について
2024年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ページをご確認ください。

▼全話ネタバレ中のおすすめ漫画!▼

目次

無法正義とは?

項目 詳細
タイトル 無法正義 許されざる警察
原作 鷹樹烏介
漫画 小松大幹
出版社 コアミックス、Amazia
掲載誌 マンガBANG!
ジャンル ミステリー・サスペンス、バディ刑事漫画
巻数 5巻(2024年6月時点)
価格 748円(税込)
発売日 2024年6月20日(第1巻)
ISBN 978-4867206744
あらすじ 中馬茜は法律を重んじる新人警察官。法では罰せない悪を目の当たりにし、正義の在り方に疑問を抱き始める。法律を無視して暴れる益満久介とバディを組み、事件を解決する中で本当の正義と悪を知ることに。

漫画の基本情報と作者

『無法正義 許されざる警察』は、鷹樹烏介(たかぎうすけ)原作、小松大幹(こまつだいき)作画による超本格バディ刑事漫画です。

鷹樹烏介さんは、これまでに数々の作品を手がけてきたベテラン作家であり、小松大幹さんはその緻密な描写と迫力あるアクションシーンで知られています。

本作は、正義感溢れる新人警察官と法を超越した行動をとるパートナーのバディを描いています。

連載開始日と出版社

『無法正義 許されざる警察』の連載は、2023年3月15日に開始されました。

連載開始当初から多くの読者の注目を集め、その緊張感あふれるストーリー展開が話題となっています。

出版社はAmaziaであり、マンガBANG!というレーベルで連載されています。

電子書籍としても人気が高く、さまざまなプラットフォームで読むことができます。

無法正義のジャンルと特徴

『無法正義 許されざる警察』は、青年向けのミステリー・サスペンスジャンルに分類されます。

この作品の最大の特徴は、主人公中馬茜(なかま あかね)が法律を重んじる正義感溢れる新人警察官でありながら、法で裁くことのできない悪に直面して葛藤する姿を描いている点です。

また、パートナーの益満久介(ますみ きゅうすけ)は法律を無視して行動するキャラクターであり、対照的な二人のやり取りが物語をより一層深みのあるものにしています。

この漫画は、読者に「正義とは何か」「悪とは何か」といった哲学的な問いを投げかける一方で、スリリングなアクションシーンや緻密なストーリーテリングを楽しませてくれます。

そのため、単なるエンターテイメントを超えた深い読後感を与えてくれる作品として評価されています。

無法正義の登場人物紹介

主人公のプロフィールと役割

中馬茜

中馬茜は、法律を重んじるエリート新人警察官で、その厳格な正義感から『絶対正義ウーマン』と呼ばれています。

法律を遵守することが何よりも重要だと考えていた彼女ですが、法では裁けない悪に直面することで、自分の信念に疑問を抱き始めます。

物語が進む中で、彼女は益満久介と出会い、共に事件を解決していくことで本当の「正義」と「悪」の意味を見出していきます。

主要キャラクターの詳細

益満久介

益満久介は、中馬茜のバディとして登場するキャラクターです。

彼は法律を無視して暴れ回ることで知られており、『ルール違反男』と呼ばれています。

益満は独自の正義感を持ち、法では裁けない悪を自らの方法で制裁します。

彼の行動と信念は、茜の視点を大きく変えるきっかけとなります。

益満は、過去に失った同僚への復讐心から行動しており、その背景には深い妄執が隠されています。

木塚

木塚は王子署の刑事で、益満の旧知の仲です。

彼らの接点は殉職した「松岡」にあり、益満の行動に深く関与しています。

木塚は情報提供者として益満をサポートし、彼の捜査を手助けします。

敵キャラクターとその背景

「殺す警官」

「殺す警官」は物語の主要な敵キャラクターであり、警視庁内部に潜む暗殺者です。

彼は組織的な陰謀に関与しており、益満の過去の同僚・松岡の死にも関わっています。

益満は「殺す警官」の正体を暴くために、彼を追い続けています。

安達連合

安達連合は、物語の中で頻繁に登場する犯罪組織です。

彼らは人身売買や麻薬取引などの非合法な活動を行っており、益満と茜の主要な敵対者となります。

彼らのリーダーやメンバーの詳細な背景は、物語が進むにつれて明らかになります。

その他のキャラクター一覧

児玉

児玉は茜の同僚であり、彼女と共に行動することが多いキャラクターです。

茜に対して親しげな態度を取るが、その真意は物語が進むにつれて徐々に明らかになっていきます。

伊集院徹子

伊集院徹子は茜の同期であり、彼女の調査に協力する人物です。

彼女は茜の頼れる友人であり、共に捜査を進めていきます。

柿沼

柿沼は「殺す警官」との関係が深い人物であり、物語の中で益満や茜の捜査対象となります。

彼の動向が益満たちの捜査に大きな影響を与えます。

ヒカル

ヒカルはヒエロスロコスの一員で、謎の男二人組に狙われるキャラクターです。

彼の存在が益満の捜査にどのように影響を与えるのかが注目されます。

松岡

松岡は物語の中で殉職した刑事で、益満と木塚の旧友です。

彼の死は益満の行動の大きな動機となっており、彼の存在は物語の中心的なテーマに影響を与えます。

益満の妄執は松岡の死に深く根ざしており、その背景が徐々に明らかになります。

天野

天野は益満を尾行していた人物で、物語の中で重要な役割を果たします。

彼は益満の動向を監視し、陰謀の糸を引く人物の一人として登場します。

彼の真の目的や背後にいる人物は物語が進むにつれて明らかになります。

ヒエロス・ロコスのママ

ヒエロス・ロコスのママは、益満に寄り添い、彼の行動を支える存在です。

彼女は益満の過去や妄執について深く理解しており、彼の捜査において重要なサポート役を務めます。

彼女の存在は益満にとって精神的な支えとなります。

伊牟田

伊牟田は茜が紹介された人物で、物腰が柔らかそうに見えますが、その正体は謎に包まれています。

彼は敵なのか味方なのか、物語が進むにつれてその役割が明らかになります。

金は大久保のとある店の主人で、益満が柿沼の情報を探るために訪れる人物です。

彼はしらを切るが、益満は口を割らせるために様々な手段を講じます。

彼の情報が益満の捜査に大きな影響を与えることとなります。

無尽

無尽は益満の協力者であり、彼の調査を手助けする存在です。

益満が「殺す警官」の次の標的として『龍頭』を睨んだ際に、無尽の協力で調査を進めます。

無尽の知識とネットワークが益満の捜査に重要な役割を果たします。

雹華

雹華は陳の娘であり、彼女も物語の中で重要な役割を果たします。

彼女は父を裏切り、情報を柿沼に密告する。

その真意は物語が進むにつれて明らかになります。

殺す警官の正体は?

殺す警官の正体は単行本3巻時点でもまだ明かされていません。

しかし、殺す警官が現れるであろう状況を突き止め、追い詰める手はずが整いつつあります。

無法正義ネタバレ全話と漫画感想!

第1話

新人警察官の中馬茜は、その法律を重んじる姿勢から『絶対正義ウーマン』と揶揄されるほどのエリート。

しかし、彼女は法では裁けない悪と対峙することで、次第に正義のあり方に疑問を抱き始める。

そんな茜の前に現れたのが、法律を無視して暴れ回る『ルール違反男』の益満久介。

最悪の相性であるこの二人が、事件を解決していく中で、茜は本当の「正義」と「悪」の意味を知ることになる。

第2話

新人警察官・中馬茜の新しいバディは、法律を無視することで知られる『ルール違反男』こと益満久介。

茜は警視から「彼を監視してほしい」との命令を受け、益満に張り付くことになる。

益満の動向を探るために付き従う茜だが、彼の拍子抜けするような一面ばかりを見せられる。

しかし、とある裏路地で、彼の暗い闇を垣間見ることとなる。

第3話

益満が訪れたのは怪しげなバー。

「サツは信用できない」と息巻く益満は、自らの正義に基づいて独自に調査を続ける。

王子署の刑事・木塚から事件の情報を得る益満。

彼らの接点は、殉職した刑事・松岡にあった。

茜は次第に益満の妄執の理由を知り始める。

益満の目的は警視庁内にいる「殺し屋」だった。

益満と話すうち、茜は彼の異なる正義感に触れ、捜査への協力を申し出る。

茜と益満の関係は、次第に複雑に絡み合っていく。

第4話

人身売買の黒幕が判明し、茜は協力要請をしようとするが、標的が絡む事件であるため警察は動かない。

自分の正義は間違っているのかと葛藤する茜。

その一方で、警察の動きを察知した安達連合は証拠隠滅のために動き出す。

「奴」が来るとしたらこのタイミングだと益満は機が熟すのを静かに待つ。

そして基地に現れた謎の警官は、警視庁にいると噂の「殺し屋」だった。

不審な来訪者に身を構える安達連合が、背後から攻撃を仕掛ける。

第5話

「警官」からの一方的な制裁を受ける益満。

彼は追うものの、為すすべなく辺りは地獄絵図と化す。

立ち去ろうとする「警官」に対し、益満は拳銃を発砲するが、その結果は……。

「殺す警官」を逃した益満は、疼く傷跡に松岡が殺されたあの日を思い出す。

松岡が標的だった理由を考えながら、益満はその背後にある真実を追求しようとする。

事件の黒幕が事故死し、警察の態度が一変。

現場に居合わせた茜には感謝状まで贈られるが、茜の胸中には疑念が残る。

第6話

麻薬売買に利用されている可能性がある女性にコンタクトを取る益満と茜。

関与を立証するため、益満は茜をオトリにすると言い出す。

麻薬の受け渡し現場で相手と接触する茜。

彼女の安否を心配しつつも、益満は待機するよう告げる。

麻薬取引に関与した男を連れ去り、洗いざらい吐かせる益満。

警官とは思えない彼の所業に、茜は益満の「正義」による制裁を目の当たりにする。

第7話

「殺す警官」のターゲットとなっているアジトに潜入する益満。

彼は囚われた被害者を救出すべく、得た情報をもとに動き出す。

しかし、アジト内では女性が乱暴されている現場に遭遇する。

最悪な状況に益満は「正義」の名のもと、男たちに鉄槌を下すが、被害者は彼らからの仕打ちにより息を引き取ってしまう。

あと少し早ければ助けられたかもしれないと悔やむ益満を横目に、同僚の伊勢が複雑な思いを抱く。

第8話

木塚から届いた書類を確認する茜。

そこには上層部から聞いていた情報と異なる事実が記載されていた。

松岡と益満に何が起きたのか、「殺す警官」を巡る真相に迫ろうとする茜は、益満に呼び出される。

久しぶりに会話する二人の間にはぎこちない空気が漂う中、益満は新しい資料を茜に手渡す。

益満は「殺す警官」の次の標的が『龍頭』だと睨み、無尽の協力で調査を進める。

「ヒエロス・ロコス」としての行動が始まり、益満は自分の思いを吐露する。

第9話

まっすぐな茜の姿勢を内心では認めている益満。

だからこそ、一人で抱え込む彼に対し、「ヒエロス・ロコス」のママはそっと寄り添う。

埠頭で行われる怪しげな会話を聞く益満。

「ラブコネクション」消滅のニュースに喜ぶ男たちが何を企んでいるのかを探る中で、茜は東京での辛い出来事を旧友に吐露する。

再会した友人たちは、そんな茜を見て何を思うのか。

第10話

行方不明になった情報屋の行方を追う益満。

事態を把握するために茜に協力を仰ぐが、益満の一方的な振る舞いに二人の距離は広がるばかり。

益満は松岡のことを思い出し、二の舞にならないよう単独行動を始める。

尾行してきた相手を返り討ちにし、指紋を入手した益満は、それをポストに投函しある人物にコンタクトを取る。

謎の男・丸瀬に声をかける益満に、男は間髪入れずに襲いかかる。

第11話

公安の元『エス』だった丸瀬。

益満が彼を訪ねた理由は何か。

その一方で、茜の身の周りにも暗雲が立ち込める。

益満は丸瀬に協力を依頼し、「殺す警官」に関与している柿沼の動向を掴もうとする。

復讐を遂げるために着実に歩みを進める益満。

海上で丸瀬の取引を見守る益満は、取引後にかつての相棒についてそれぞれの思いを語る。

相棒を奪われた者たちのその後、復讐を選ばなかった丸瀬と、今も復讐のために燃える益満。

別々の道を進んだ二人の行く末はどうなるのか。

第12話

深夜の公園で、以前益満を尾行していた天野と謎の男が接触する。

彼らは柿沼を「エサ」と呼び、益満の動向は筒抜けになっている。

一枚上手の「殺す警官」たちの目論見が明らかになりつつある中、現れた殺し屋を返り討ちにしていく丸瀬。

車で待機していたもう一人の男も片付ける。

兄の栄転に伴い茜が紹介された男・伊牟田は、物腰が柔らかそうに見えるが、彼は敵なのか味方なのか。

第13話

大久保のとある店を訪れた益満は、店の主人・金に柿沼の写真を見せるも、しらを切られる。

口を割らせるために益満が取る行動とは何か。

一方、益満が「殺す警官」の尻尾を掴もうとする中、【コンサルタント】の配下と接触する男が現れる。

中華料理店に現れた柿沼は、店の主人と思われる男ときな臭い会話を始める。

「殺す警官」の一枚岩とはいかない闇の部分、その実態が少しずつ明らかになっていく。

第14話

正義感が強すぎるあまり「絶対正義ウーマン」と呼ばれる茜。

彼女には忘れられない過去があった。

尊敬していた父が親子を庇い、銃で撃たれて帰らぬ人となったその出来事。

父の最期から、茜は「正義」への疑問を抱くようになり、今日も「殺す警官」の足取りを追うことに力を注いでいる。

一方、益満の情報屋が殺された事件の現場を見に行こうとする茜。

彼女は埼玉県警の刑事部長に電話をかける。

親しげに話しかけてくる彼との関係は何なのか。

その会話が事件解決の糸口となるのか。

第15話

ヒエロスロコスの一員・ヒカルを狙う謎の男二人組が、柿沼からの指示で拉致を目論んでいる。

その目的は一体何なのか。

とある競艇場で柿沼に手渡された謎の包み。

その中に隠されたものは何なのか。

益満はこの新たな陰謀を解明しようとする。

第16話

益満が訪れたのは、老婆が営む薄暗いホテル。

歓迎されない様子の彼が訪れた目的は警察内部の闇を読み解くためだった。

しかし、複雑に絡む陰謀の中で、益満はその糸を解き明かすことができるのか。

一方、両親が殺され、妹が誘拐された『龍頭』の一員・達矢。

犯人の手がかりも少なく、怒りに燃える中、非通知からの着信が彼を動かす。

人質に取られた妹の居場所を突き止めるため、達矢は動き始める。

『龍頭』を敵に回した柿沼、この男が裁かれる日は訪れるのか。

第17話

伊牟田が向かう先は会員制のバー。

セーフハウスとして利用されているこの場に彼を呼び出したのは誰なのか。

益満が身を隠すホテルには怪しげな男女二人組が訪れる。

一見普通のカップルにも見えるが、その正体は何なのか。

勤務を終え帰ろうとする茜に声をかける児玉。

最近やけに親しげな彼女の真意は果たして何なのか。

その行動が茜に何をもたらすのか。

第18話

新たに投入された組織の息のかかった男たち。

用心深い益満の足取りを掴もうとする彼らの狙いは何か。

飲みの帰りに潰れてしまった同僚の児玉を放っておけず、茜は自分の寮部屋に連れて帰ることに。

そこに見え隠れする意図とは何か。

柿沼の動きを探る中、不審な乱闘を目撃する伊勢とひかる。

益満の役に立つため、彼らは動き出す。

彼らの行動が益満にどのような影響を与えるのか。

第19話

柿沼の動きを探る益満のもとに、不審な乱闘の現場を目撃した伊勢とひかるが戻ってくる。

彼らはその情報をもとに、益満の指示を仰ぎ、さらなる行動を開始する。

新たに投入された組織の息のかかった男たちが、用心深い益満の足取りを掴もうと狙っている。

一方、飲みの帰りに潰れてしまった同僚の児玉を放っておけず、茜は自分の寮部屋に連れて帰ることに。

茜と児玉の間に新たな絆が芽生えるのか。

第20話

『安達連合』事件の功労者として感謝状を授与された茜。

彼女自身は腑に落ちない気持ちを抱えながらも、周囲からは絶賛の評価を受ける。

その一方で、益満の元には謎の大柄な男が現れる。

この男の名字は「猿渡」。

益満の過去の情報屋と同じ名字を持つこの男の登場が新たな波乱を予感させる。

そして、『棲涅威琥』のリーダーである達矢は、奪われた妹を取り戻すために柿沼の行方を追う。

少ない情報を頼りに裏切り者を探し出そうと奔走する達矢。

その一方で、益満はこの新たな脅威にどう立ち向かうのか。

茜、益満、達矢それぞれの思惑が交錯し、物語は新たな展開を迎える。

第21話

陳の元に『龍頭』幹部からの電話がかかってくる。

「モグラ狩りの候補に上がっている」という忠告を受け、陳は緊迫した状況下で次の行動を模索する。

益満は情報屋が殺害された事件を調査する茜を見守る中、同僚の児玉がまたもや茜に付き添う。

その意図は依然として謎に包まれている。

茜と児玉の行動が益満との関係にどのような影響を与えるのか。

そして、陳はこの忠告をどう活かし、次にどのような手を打つのか。

益満と茜の探求は、事件の真相へと近づいていく。

第22話

益満は【ロジスティクス】と繋がりのある芦田の動向を監視し続ける。

芦田と接触する相手が現れるのか、その一瞬を見逃さないために神経を尖らせる。

一方で、『棲涅威琥』リーダーの妹・青蘭は人質として非道な行為にさらされ続け、心が蝕まれていく。

益満の足取りを追う茜と児玉は、街を歩く中で平然と蔓延る「悪」と直面し、その状況に立ち向かう。

そして、茜は『飛澤銀行』を調査するために同期の伊集院を訪ねるが、またも児玉が付いてくる。

彼の意図を疑問に思いつつも、茜は調査を進め、真相に迫ろうとする。

第23話

調査報告を受けた伊牟田は、茜の周りで起きた不審死の情報を知り、迫りくる『組織』の影を警戒する。

益満と仲間たちは、芦田が組織の【ロジスティクス】と接触する瞬間を待ち続け、長時間の張り込みの末にその瞬間を目撃することに成功する。

その女の正体とは何者なのか。

茜は同期の伊集院徹子と共に『飛澤興行』の実態を探りに向かうが、誰もいない室内に潜む危険に警戒を怠らない。

益満は芦田との接触の瞬間を見逃さず、事件の核心に迫ろうとする。

第24話

泥酔状態で町をうろつく樋口。

彼は部下に利用されているとも知らず、世の中への不満をぶつけ続ける。

そんな彼がぶつかった相手は予想外の人物だった。

一方、益満の所為で大した任務が割り振られず、鬱憤が溜まる天野と羽佐間。

次の任務として茜の監視を命じられるが、それもまた退屈な仕事に思えた。

しかし、茜の行動が新たな展開を呼び込むことになる。

第25話

解析の結果、益満は【組織】の大物を釣り上げたことを確信する。

警察組織の中枢にまで介入していることが判明し、これ以上追及するには相当の覚悟が必要となる。

一方、柿沼はいじめられていた子供にナイフを渡し、自らの過去に基づく歪んだ価値観を語り始める。

この行動が物語にどのような影響を及ぼすのか。

第26話

柿沼との関係が明るみに出て裏切り者としてリストに載せられた陳。

幹部である趙は彼に再度忠告するが、陳の心中は揺れ動く。

一方、『龍頭』内の騒動を高みの見物している二人。

このまま事態が思惑通りに進むのか、抗争の行く末に注目が集まる。

益満は変わり始める状況を整理し、誰よりも早く【組織】の流れを読み解く。

そして「殺す警官」の糸口を掴まなければならないというプレッシャーに直面する。

第27話

『春神楼』と『棲涅威琥』の衝突の情報を聞いた陳の娘・雹華は、父を裏切ってまでその情報を柿沼に密告する。

彼女の真意とは何なのか。

そして、バイクで逃走した襲撃犯と『飛澤興行』との関連性を探る茜たち。

証明が難航する中、茜が絞り出した決定的な手がかりとは。

一方、警視庁の謎の女は、人事データに潜り込んだネズミを捕まえようとする。

その正体が明かされるとき、物語はさらなる緊張感を迎える。

無法正義の漫画感想・レビュー

読者の感想と評価

『無法正義 許されざる警察』は、その緊張感溢れるストーリー展開と個性的なキャラクターで多くの読者から高評価を受けています。

読者の感想として、「ストーリーが進むごとに引き込まれていく」「主人公の葛藤がリアルで共感できる」といった声が多く見られます。

また、作画についても「迫力があり、シーンごとの緊張感が伝わってくる」と評されています。

良かった点と改善点

良かった点としては、まず物語の設定が斬新であることが挙げられます。

法で裁けない悪に対する主人公たちのアプローチが現実的でありながらもフィクションとしての魅力を保っています。

また、キャラクターの個性がしっかりと描かれており、特に中馬茜と益満久介のコンビネーションが絶妙です。

一方、改善点としては、一部の読者から「ストーリーが複雑すぎる」という指摘がありました。

特にサブプロットが多いため、展開がやや分かりにくいと感じる読者もいるようです。

また、登場人物の心理描写がもう少し深掘りされると、さらに物語に厚みが出るとの意見もありました。

他の漫画との比較

『無法正義 許されざる警察』は、同じく警察をテーマにした『踊る大捜査線』や『BOSS』と比較されることが多いです。

しかし、本作は単なる警察ドラマとは異なり、法を超越した行動を取るキャラクターが登場することで、よりスリリングな展開を楽しめます。

さらに、法律と正義の間で揺れる主人公たちの葛藤が深く描かれている点で、心理サスペンスとしても高く評価されています。

一方、アクションシーンの迫力やストーリーテリングの緻密さでは『シティーハンター』や『ゴルゴ13』といった作品とも比較されることがあります。

これらの作品と同様に、読者を飽きさせない展開が魅力です。

次々と明らかになる陰謀とその裏に潜む真実に迫る二人の活躍は、読み応えがあり、緊張感が途切れません。

第2巻以降も、益満が敵対する組織の末端として動く芦田を尾行し、ロジスティクスの幹部を探り当てるなど、二人の捜査は続きます。

特に、益満と中馬のバディ関係が物語の進行とともに深まっていく様子は見どころの一つです。

無法正義の魅力と見どころ

ストーリーの魅力

「無法正義」は、法律を重んじるエリート新人警察官・中馬茜と、法律を無視して暴れ回る益満久介のバディ刑事物語です。

茜は、法で裁けない悪に直面し、自身の正義感に揺らぎを感じます。

一方、益満は自らの方法で悪を制裁し続けます。

この対立する二人が協力し、複雑な事件を解決していく様子が描かれ、正義とは何かを問いかける深いストーリーが魅力です。

キャラクターの魅力

本作のキャラクターは非常に個性的で、それぞれの背景や動機が緻密に描かれています。

主人公の中馬茜は、強い正義感を持つが故に悩み苦しむ姿が共感を呼びます。

益満久介は、過去の出来事から復讐心に燃え、法を無視してでも正義を貫こうとする異端の存在です。

その他の登場人物も、個々の物語を持ち、物語全体に深みを与えています。

作画と演出の魅力

作画を担当する小松大幹の描くキャラクターや背景は非常に緻密で、アクションシーンの迫力は一見の価値があります。

特に益満の戦闘シーンは躍動感に溢れ、読者を引き込む力があります。

また、茜の心の葛藤や緊張感が伝わる演出も見どころの一つです。

作画とストーリーが見事に融合し、読者を物語の世界に引き込みます。

名シーンや名言集

「無法正義」には、多くの印象的なシーンや名言が存在します。

例えば、益満が自らの正義を貫くために放つ「法が裁けないなら、俺が裁く!」というセリフは、彼の信念と行動を象徴しています。

また、茜が法と正義の狭間で葛藤する姿も感動的です。

これらのシーンやセリフは、物語の深みを増し、読者に強い印象を残します。

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

無法正義 許されざる警察をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!



【私がシーモアを3年以上使って分かった結論】
・お蔵入りリストと化していた「ほしいもの(漫画)リスト」がウソのようにスッキリ
・知らなかったら毎月5000円レベルで損+漫画検討で休日終わる日々を続けていた
同じ金額で倍近い量の漫画を買える+漫画検討時短で、休日は漫画に没頭するハッピーな一日を過ごせる
私の3年分の使用体験を今すぐ知れるレポートは以下の記事にまとめています。
↓ ↓ ↓


無法正義 許されざる警察を無料またはお得に読む方法

無料またはお得に読めるサービスを紹介します。

サービス名 特徴
U-NEXT 初回31日間無料で登録時600Pもらえる!
コミック.jp 初回30日間無料で登録時1200Pもらえる!(期間限定P増量)
シーモア読み放題 初回7日間無料で15万冊以上の多ジャンルが読み放題!
コミックシーモア 新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえる!月額メニュー登録特典で後日全額ポイント還元!(最大20000ポイント!)
BookLIVE 初回登録で70%OFFクーポンがもらえる!月額無料!
マンガBANGブックス WEBでの初回購入限定で90%OFFクーポン!全作品40%ポイント還元!
ebook japan 初回ログイン時に70%OFFクーポンがもらえる!月額無料!
まんが王国 無料漫画が豊富!月額コースのポイント付与が多い!
DMMブックス 初回購入限定で90%OFFクーポンがもらえる!月額無料!

今回のネタバレ記事を楽しんでいただけましたか?

あなたがここまで読んでくれたことから、この漫画への熱い情熱が感じられます。

そんなあなたに、もっと漫画を楽しむ方法をご紹介します。

漫画を読むのに最適なプラットフォームはやはり、コミックシーモアです。

なぜかと言うと、コミックシーモアは圧倒的な品揃えと、使いやすいインターフェースを提供しているからです。

そして、コミックシーモアで新規登録すると、限定割引が受けられます。

新規無料会員登録時に70%オフになるクーポンがもらえます。

さらに、月額メニュー登録で後日全額ポイント返還の特典もあります。
この特典は最大20000ポイントまで受け取れるので、実質全巻無料で読むこともできます。

もちろん、あなたが今読んでいるこの漫画もコミックシーモアで全巻読むことができます。

ネタバレ記事だけでは伝わらない、作者の細かい表現やキャラクターの感情を、実際の漫画で感じてみてください。

また、コミックシーモアではレビューやレーティング機能も充実しており、他の読者の意見もチェックできます。

あなたのお気に入りの漫画について、コミュニティと共有するのも楽しいですよね。

他にも、お得なキャンペーンが継続的に行われています。

長い目で見ても漫画をお得に購入することができます。

私も使ってみましたが、アプリの使用感も悪くなく、スムーズに読めて使い勝手も良かったです。いくつか漫画アプリを使ってきましたが、シーモアは設定も細かくできて快適に読めます。

コミックシーモアの特徴やメリット

  1. 新規登録特典が豪華!70%OFFクーポンや月額メニュー全額ポイント返還など!
  2. 配信数が多い!電子書籍が91万冊以上!
  3. 3500万人超の月間利用者数!
  4. 安心のNTTグループであるNTTソルマーレ株式会社の運営!
  5. 創業から15年以上継続している老舗サービス!
  6. 女性向け漫画に強い!
  7. 無料漫画は約15000作品以上!
  8. アプリがなくても読めてPCやタブレットでも読みやすい!

簡単60秒登録!

最後に、漫画はただの娯楽ではなく、私たちの生活に彩りと感動を与えてくれる素晴らしいアートです。

コミックシーモアで、新たなお気に入りを見つけ、あなたの漫画ライフを豊かにしましょう!

それでは、漫画の素晴らしい世界でお会いしましょう!

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

無法正義 許されざる警察をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!



【私がシーモアを3年以上使って分かった結論】
・お蔵入りリストと化していた「ほしいもの(漫画)リスト」がウソのようにスッキリ
・知らなかったら毎月5000円レベルで損+漫画検討で休日終わる日々を続けていた
同じ金額で倍近い量の漫画を買える+漫画検討時短で、休日は漫画に没頭するハッピーな一日を過ごせる
私の3年分の使用体験を今すぐ知れるレポートは以下の記事にまとめています。
↓ ↓ ↓


▼全話ネタバレ中のおすすめ漫画!▼

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓

マンガBANG

Posted by zuku