いま、恋をしています。1話ネタバレと漫画感想(別冊マーガレット 八田鮎子)

別冊マーガレット2020年1月号に掲載の八田鮎子新連載「いま、恋をしています。」第1話。

この記事ではそのネタバレと感想、無料で読む方法も紹介していきます。

今すぐ漫画を無料で読みたい方はU-NEXTがおすすめです。

理由は以下3点です。

  1. 初回登録時に600ポイントもらえる(電子書籍に使える)
  2. 無料期間の31日以内に解約すればお金はかからない
  3. 登録およそ5分、解約3分程度
\今すぐ無料で読む方はこちら/

目次

いま、恋をしています。最新1話ネタバレ

痴漢から守ってくれた男性

水澤さとみは高校1年生。

通学電車のなかで後ろから痴漢に遭っていました。

なんとかしたいのですが、怖くて声が出ません。

そこに痴漢とさとみとの間に割って入り、守ってくれる男性がいることに気づきます。
ドキドキしながら振り向くと、男子高校生がさとみをかばいつつ、さとみと視線をそらす形で立っていました。

目的の駅に着き、自分と同じ学校の制服を着ていることを確認します。
何も言わず去っていく男性。

声をかけようとしますが、いつの間にか落とした定期を拾ってくれた女性が声をかけてくれました。
定期を受け取ってお礼を言っている間に彼はいなくなっていました。

学校で再会するが冷たい態度

さとみは中学を卒業したときにとても後悔したことがあります。
好きな人を遠くから見ていることしかできず、そのときはそれだけでも満足だと思っていました。

しかし、いざ卒業してみると、その好きな人ととの間になにも残っていないことに気付き、ただ泣き続けるしかなかったのです。
それからは気になった人がいたら、そのままでは終わらせないと決めていました。

痴漢から守ってくれた優しそうな彼は同じ学校の生徒でした。
背も高かったので、先輩だろうと思い、友達と校内を探し回ります。
3年生の教室を見て回っても見当たりません。

さとみの必死ぶりにそれほどかっこよかったのかとからかう友達。
さとみは目を輝かせて素直にかっこよかったと答えます。
とても優しい人だと想像するさとみはお礼をどうしても伝えたいと考えていました。

友達は同じ1年なのではないか?といいます。
入学後1ヶ月しか経っていないので、他のクラスはまだ全然分からなかったのでした。

そう話して廊下を歩いていると、その人物を発見。
友達と話しているようで、後ろを向いてました。

勇気を振り絞って声をかけるさとみ。
振り向く彼ですが、自分に話しかけてるのかさとみに聞き返します。

体の大きさと雰囲気から想像していたよりも怖いと感じて固まり、冷や汗を流すさとみ。

彼はさとみのことをはっきり覚えていないようで、なにか用があるのかさとみに聞きます。

朝の電車で守ってくれたお礼を伝えます。

彼は友達から柳生と呼ばれていました。
柳生は朝助けたのはさとみに感謝されたいわけではないと伝えて友達と去っていきます。

さとみは幻滅してしまいます。
そして彼のことをよく思いすぎていただけなのかと自分を振り返ります。

傘を代わりに差し出す柳生

雨降りの放課後、下駄箱で靴に履き替えて傘を取ろうとすると、横から傘を取ろうと手をのばす人がいました。

痴漢から助けてくれた彼でした。
意外な再会にびっくりするさとみですが、会釈だけします。
しかし、彼はさとみの顔を少し見ると、何も返事をせずそのまま自分の下駄箱に行ってしまいます。
無視されてショックを受けるさとみ。

帰ろうとすると、出口で傘を忘れて立ち尽くす二人の女子がいました。
濡れるのを覚悟で走っていくかと相談していますが、一人はこの後彼氏と会うからそれは嫌だと言います。

それとなく話が聞こえたさとみは彼女に自分の傘を渡そうとします。
そこに柳生が現れ、こっちを渡すようにと、自分の傘をさとみに渡してきました。

さとみが濡れて帰らなくていいように、自分の傘を渡すと、柳生はさっさと雨の中、かばんを傘代わりにして走って帰っていきます。

さとみは女子に傘を渡し、彼女からお礼を言われますが、それが終わる前にすぐに柳生を追いかけます。

柳生のことが怖いのか優しいのか分からなかくなるさとみ。

柳生に追いつき、声をかけるさとみ。
狭いけど自分の傘に入ってもらうように言います。

しばらく一緒に歩くことになった二人。

さとみ柳生が困っている人を見過ごせない性分なのか聞きます。
柳生は別に普通とさらっと答えます。

しかし、さとみは普通ではない、謙虚に普通と言えるのもすごいと返しますが柳生はすごくないと否定。

見て見ぬ振りや怖くて行動できない人もいるなかで普通いうのはすごいと思うと伝えます。

柳生はさとみが困っている人に傘を差し出そうとした行いも、同じことだと伝えます。

柳生は続けて、さとみがいつも痴漢に遭っているのかと聞きますが、さとみはたまにだといいます。
痴漢の対策が難しいことを聞くと、柳生は自分の近くに来ればいいと話します。
それを聞いてどういう意味で言ってるのか考えるさとみ。

雨が止んだので別れて帰ろうとする柳生に自分の名前を教えます。
柳生は笑顔で返事をするのでした。

それを見てさとみはキュンとします。
そして最初に思ったとおり、優しい人だと改めて思うのでした。

柳生を思い切って誘うが撃沈

帰宅後も柳生のことが気になって仕方がないさとみ。

スマホを片手にどうにかして彼を誘えないか考えているのでした。

そこにさとみの兄が手紙を持って来たと言って急に現れます。
いきなり入るなと忠告するさとみ。

兄は悪びれた素振りも見せず、思春期前のさとみと同様の扱いをするのでした。

さとみ宛の手紙は高級ホテルのディナーペア招待券でした。
兄はどうせ一緒に行く人はいないだろうとさとみをからかい、一緒に行ってやると言います。

これなら柳生も喜ぶかもしれないとひらめくさとみ。

次の日、電車の中で柳生を見つけます。

さとみは柳生にお肉をたくさん食べたくはないか?と聞きます。
柳生はたくさん食べられるなら最高だと、いつもの調子で答えます。

さとみは招待券が当たったから一緒に食べに行かないかと、震えながらも柳生を誘います。

それを見て、この間のお礼は気にしなくていい、家族や兄弟と行ったらいいと返す柳生。
しばらく柳生の顔を見つめるさとみ。

柳生の目をしばらく見た後、気持ちを殺して諦めるさとみ。

目的の駅ではありませんでしたが、忘れものを口実に、次の駅で降りることにしました。

階段を上った先で中学の時と変わっていない自分に失望して立ち止まります。

そこに柳生が大丈夫かと声をかけます。
彼も一緒に降りていたのです。

彼はさとみの様子がおかしかったことを察し、心配していました。
気のせいだったらいいと言って、すぐに引き返します。

さとみはそれだけの理由で付いてきてくれた柳生に心を打たれます。

さとみは決意の表情を浮かべ引き返します。

今までの自分を振り切るため、柳生のもとへ向かう

さとみが階段を降りてみると、柳生は電車の入り口あたりに乗って、発車を待っているところでした。

思わず彼の名を叫び、気付いて上を向く柳生。
しかし、電車がすぐに発車してしまう合図が聞こえます。

自分はまだ階段の上の方にいたため、このまま階段を降りても間に合わない。

さとみは階段の横から飛び降ります。

まさかの事態に驚く柳生。

地面ギリギリのところで、柳生はさとみを受け止めていました。
柳生は危険なことしたさとみを叱責します。

さとみはどうしても今柳生に伝えないとダメだと思ったことを伝えます。

今を逃したらこれからも変われないと予感していたのでした。

家族や友達とではなく、お礼でもなく、柳生と一緒に食べに行きたい。
柳生と仲良くなりたいからだと自分の気持ちを伝えます。

招待券を差し出す手が震えていることに気づいた柳生は、さとみのことを見直し、楽しそうだと言って承諾します。

ただし、今回のような危ないマネは今後しないように釘を刺すのでした。

座り込むさとみに手を差し出す柳生。
しかし飛び降りたショックで起き上がれないさとみ。

彼女を軽々と持ち上げなら連絡先を教えてという柳生。
さとみは本当の気持ちをいつか伝えたいと思うのでした。

感想

さとみが飛び降りたときはヒヤッとしました。
この高さではちょっと無事じゃ済まないのではと。

しかし柳生がキャッチしてくれてホッとしつつ、一気に距離が近づいた様子にドキドキです。

普段は仏頂面で近寄りがたい雰囲気なのに、ときどき見せる優しさや、さとみと向き合ったふとした瞬間に見せる笑顔は彼女の恋心を揺さぶるには十分すぎると思いました。

口数が少ない柳生ですが、笑顔で答えていたりしてそれが絶妙な感じがします。

今後どうやって仲を深めていくのか楽しみです。

無料で読む方法

おすすめはU-NEXTです。

無料で読む方法を簡単にまとめると、

  1. 初回登録でもらえる600ポイントを受け取る
  2. ポイントで漫画や漫画雑誌を読む
  3. 無料期間の31日以内に解約する

U-NEXTは動画だけでなく、雑誌や電子書籍も配信しています。

初回登録から31日間は無料でサービスを利用でき、登録時に600ポイントをもらえます。

見放題対象の動画や雑誌はそのまま無料で視聴できますが、漫画や漫画雑誌は有料コンテンツなので、初回登録時にもらえる600ポイントを電子書籍に充てることができます。

この600ポイントで別冊マーガレット電子版や漫画最新刊を読み、無料期間の31日以内に解約すれば無料で読めます。

文章では伝えきれなかったところがたくさんあるので、ぜひ絵のついた漫画も読んでみてくださいね!

その他の漫画のネタバレはこちら↓↓