今夜、君は僕のものになる漫画最新7巻ネタバレと感想!天宮のプロポーズ

今夜、君は僕のものになる7巻。

この記事ではそのネタバレと感想、無料で読む方法も紹介していきます。

スポンサーリンク

目次

今夜、君は僕のものになる 最新7巻ネタバレ含むあらすじ

天宮からディナーに誘われた陽子。

いつもなら普段の陽子のままでいい、という天宮ですが、今夜のディナーは普段とは違う様子で、天宮が豪華なワンピースをプレゼントしてくれました。

遠慮がちな陽子でしたが、そんな陽子を見て天宮が想いを伝えます。

天宮は陽子にずっと隣にいて欲しい気持ちでいますが、来年にはスイスへ異動があり離れてしまう…。
このまま陽子と一緒にいるために日本に残ることも考えたけれど、陽子に共に来て欲しいと。

戸惑う陽子に、天宮はハッキリとプロポーズをします。

陽子はハウスキーパーを続けたいと打ち明け、結婚しても天宮のもとでスタッフとして仕事をしたいと答えるのでした。

プロポーズを受けてもらえた天宮は一刻も早く陽子を抱きたい、と自分の部屋へ連れ込みます。

シャワーを浴びたいと願う陽子でしたがそれも叶わず、いつもより激しく抱かれた陽子はそのまま眠りにつき、昨夜のプロポーズに実感がわかないまま朝を迎えました。

先に起きていた天宮に昨夜の出来事を確認し、気持ちを確かめ合う二人。

すぐに指輪は用意できないが代わりに、と天宮から陽子にダリアの花を一輪、左手の薬指に添えるのでした。

幸せの余韻に浸っていた二人でしたが、ふと仕事の時間だったことを思い出し慌てる陽子。

けれどそこは天宮が社長の権限で、勝手に休みにしておいたから大丈夫だといいます。

仕事に忠実な陽子はこれからはちゃんと起こして欲しいと伝え、今日は二人で過ごすことを了承しました。

ベッドの上で陽子を優しく抱きしめ、愛していると伝える天宮に対して、陽子は私も好きです、と返します。
もう一度愛していると伝えるも、好きだとしか返してくれない陽子に、まだまだ前途多難なようだと察した天宮は、これからも自分の片想いが続くことを覚悟したのでした。

感想

まだまだ続きが読みたくなるハッピーエンドでした。

見えないところでもコツコツ頑張っていれば必ず誰かが見つけ出してくれる、現代版のシンデレラストーリーでワクワクしながら読むことができました。

社長でありながら無理やり結婚を迫るなど横暴なことはせず、きちんと陽子の気持ちを尊重して愛を伝える天宮が、陽子をとても大事にしているところが伝わってきて、最初から最後まで紳士な天宮の性格にキュンとしました。

ぜひ続編も見たいです。

スポンサーリンク

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓