紅霞後宮物語小玉伝ネタバレ43話(11巻)と漫画感想!小玉を失いたくない

2021年4月16日

漫画「紅霞後宮物語~小玉伝~」43話(11巻)。

この記事ではそのネタバレと感想、無料またはお得に読む方法も紹介していきます。

今すぐ絵がついた漫画を無料で読みたい方はコミック.jpがおすすめです!

\コミック.jpで今すぐ無料で読む方はこちら/

  • ・初回30日間無料で登録後に1350ポイントもらえます!
  • ・無料期間内に解約しても違約金などはありません!
  • ・クレジットカードがなくても登録できます!
配信状況について
2021年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ページをご確認ください。

ネタバレではなく、絵と一緒に今すぐ読みたい方は「紅霞後宮物語~小玉伝~を無料またはお得に読む方法」で詳細を紹介しています。

他の話のネタバレ一覧はコチラ↓
紅霞後宮物語 小玉伝 8巻~12巻(31~38話、42、43、44、45、47、48、49、51話)

スポンサーリンク

目次

紅霞後宮物語~小玉伝~続編11巻43話ネタバレ【栗美あい・原案=雪村花菜】

文林の寝所では、馮貴妃が侍っていました。

しばらくして寝所の扉の外に控える香児(女官)を呼ぶ馮貴妃の声が聞こえてきました。
それがだんだんと必死になってきて、呼ばれた香児はオロオロしています。

心配した香児は、他の女官が止めるのも聞かず思わず寝所に突入してしまいます。

てっきり馮貴妃が怯えて助けを求めているのかと思いきや、なぜか意識のない文林の下敷きになっているのでした。

馮貴妃の母である王太妃(祥雯凰)を前に居心地が悪そうな文林。

事に及ぶ前に酩酊し、あろうことか寝入ってしまったのでした。 
その失態に恥じ入る様子の文林です。

そんな文林に王太妃は自分の話を始めました。

人はいつか死んでしまう。
夫の死後、彼を愛していることに気づいて後悔したことを語ります。
生きている間に伝えればよかったと。

文林がそうならないようにと忠告してくれました。

酔う前に文林は馮貴妃に対して、自分の不甲斐なさを嘆いていました。
(この時点で文林はグイグイお酒を飲んでいます)

小玉が心配なのに戦地に行けない。
自分の許可がなければ手術ができないので、勅使が間に合わなければ小玉は亡くなるかもしれない。

そんなときに自分は……。

寝所ではこのように小玉の話ばかりしていました。
思い浮かぶのも、小玉の姿。

(文林は小玉が受け入れてくれた夜のことが忘れられずにいました)

馮貴妃は皇帝に召されれば女性は嬉しいはずと言います。
が、文林は小玉は違うと思っています。

そんな小玉を無理やり後宮に入れてしまった。
だから普通の男女のように彼女を抱いてはいけないとさえ思っています。

小玉が黙ってついてきてくれたのは情があるから。
文林はその恩に報いたいと思っているのでした。

場面が代わり、文林は戦が終わったら小玉の廟を建てることを清喜に伝えています。
小玉の歴史の編纂や彼女の命日のことなどについて延々と述べています。

その後、清喜に自分のことを恨んでいるかと問います。
清喜は首を振り、逆にその非情さが羨ましいと答えました。

小玉のいない時間を過ごすことを想像する文林。
自分のようにならないで欲しいと言った王太妃の忠告が甦ります。

と同時に別の声が響きました。
文林のためなら命を捨ててもいいと言った小玉の声が。

一方、戦場で敵の毒矢を受けた小玉には沈太監が付き添っていました。
苦しむ小玉を見かねた沈太監は、彼女に皇后の位を返上するよう進言します。

もう十分役目は果たしたのだからと。

皇后をやめてしまえばいい。
それは、亡き親友の明慧にも言われた言葉でした。

小玉の意識が朦朧とする中、甦るのは沈太監が上司だった懐かしい時代のこと。
その頃はたくさんの仲間に支えられ守られていました。

小玉にとっては、とても魅力的で誘惑を感じるものです。

しかし、小玉は差し出された沈太監の手を振り払いました。
文林の元に残ると言ったかつての自分の姿が浮かんだからです。

自分の手を取ってくれると思った沈太監は、グッと自身の手を握ります。
その後、沈太監の元にさまざまな情報が寄せられました。

皇帝の援軍が到着したこと。
小玉たちを襲ったのは寛の部隊に遅れた兵たちであったこと。(その寛にも援軍が)
康が陣形を変え始めたこと。

皇后が前線にいないことは敵側に知られているかもしれない。
自軍が知ったら士気も下がるだろう。

こんなときに二国同時に襲ってきたら……。

皇帝からの勅使がまだとの報告を聞き、沈太監は決断します。

彼は柳に向かって、小玉の意識はなく数日の命かもしれないと伝えました。
そして、もし戦に負けたとしても小玉を逃がしたいと告げます。

沈太監は小玉を救うためなら自分の命を差し出す覚悟でした。

\コミック.jpで今すぐ無料で読む方はこちら/


・初回30日間無料で登録後に1350ポイントもらえます!
・無料期間内に解約しても違約金などはありません!
・クレジットカードがなくても登録できます!

他の話のネタバレ一覧はコチラ↓
紅霞後宮物語 小玉伝 8巻~12巻(31~38話、42、43、44、45、47、48、49、51話)

感想

沈太監は小玉を失いたくないと思ったんだろうなぁと思います。
それは元上司としての庇護欲かもしれませんが。

文林と小玉の気持ちが個人的にわかりにくいのですが、時代とか後宮とか立場とかの問題かもしれません。

文林の方は、小玉の軍人としての才能にも惚れててファンのような気持ちもあったのかなぁ。
だから傍にいてくれてるのは情けだと思ってるのでしょうか。

立場や責任もあるかもしれないけれど、お互いが縛られてて、遠慮し合ってるような気もします。
やっぱり言葉不足、意思疎通不足かなと思います。

文林に側室でも誰でも、大切な人がいるなら小玉も安心できたのかもしれません。
皇帝の孤独ってのを小玉が一番よくわかっているだろうから。

だから、小玉が文林をあきらめたら、彼が独りぼっちになってしまうと感じたのかな。
一緒にいるってよりは、文林が独りなら自分も独りでいようって風に感じました。

そういうところが、戦友っぽいなぁと思いました。

夫婦が形から入ってしまったので、心の触れ合いが少ないのを周りが心配していますね。

紅霞後宮物語~小玉伝~を無料またはお得に読む方法

無料またはお得に読めるサービスを紹介します。

サービス名 特徴
Amebaマンガ 無料会員登録で好きな漫画がどれでも100冊まで半額!(クーポン配布中♪)
U-NEXT 初回31日間無料で登録時600Pもらえる!
コミック.jp 初回30日間無料で登録時1350Pもらえる!(期間限定P増量)
シーモア読み放題フル 初回7日間無料で8万冊以上の多ジャンルが読み放題!
ebook japan 初回ログイン時に50%OFFクーポンがもらえる!月額無料!
まんが王国 無料漫画が豊富!月額コースのポイント付与が多い!

おすすめはコミック.jpです。

コミック.jpは登録後に1350ポイントもらえるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。

コミック.jpのメリット

  1. 初回登録は月額1100円(税込)が30日間無料!
  2. 登録3分、解約は2分程度♪
  3. 余ったポイントはmusic.jpでも使える!
  4. 毎月1350ポイントもらえるから、実質税込250円分お得!
  5. クレジットカードがなくても登録できる!(キャリア決済払いなど)
  6. 月額プラン解約後も購入した本を読める!

無料またはお得に読む方法を簡単にまとめると

  • ①初回登録でもらえるポイントを受け取る
  • ②ポイントで漫画や漫画雑誌を読む
  • ③無料期間内に解約する
「無料で今すぐ読みたい!」 →「コミック.jp」、「U-NEXT
「上記の初回登録はもう利用したことがある!」 →「ebook japan」か「まんが王国

文章では伝えきれなかったところがたくさんあるので、ぜひ絵のついた漫画も読んでみてくださいね!

\コミック.jpで今すぐ無料で読む方はこちら/


・初回30日間無料で登録後に1350ポイントもらえます!
・無料期間内に解約しても違約金などはありません!
・クレジットカードがなくても登録できます!

スポンサーリンク

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓