極彩の家23話(6巻)ネタバレと漫画感想!花を通して打ち解けていく紅と山吹

2020年5月11日

「極彩の家」6巻(2020年1月31日発売 びっけ)に掲載の23話。

この記事ではそのネタバレと感想、無料で読む方法も紹介していきます。

絵がついた漫画を無料で読みたい方はFODプレミアムがおすすめです!

\FODプレミアムで無料で読む方はこちら/

  • ・Amazonアカウントなら初回登録は2週間無料です!
  • ・最大1300ポイント分の漫画を読めます♪
  • ・無料期間内に解約すればお金はかかりません!
配信状況について
2020年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ページをご確認ください。

ネタバレではなく、絵と一緒に読みたい方は「極彩の家23話(6巻)を無料で読む方法」も紹介しています。

スポンサーリンク

目次

極彩の家23話(最新刊6巻)ネタバレ(びっけBL寄り漫画)

紅が椿の花がいくつも咲いた枝を抱えて歩いていました。
エルトがそれを見つけ声をかけると、紅は本尊に飾るための花だと言います。
当番制になっていてその日は紅の当番でした。

本尊に飾り終えると、紅は一輪余ってしまった椿をエルトにあげることにします。
年内最後の色奉の儀がすぐにあるからと、エルトの髪に挿してくれます。

紅と別れた後、エルトの髪に挿してある椿がかわいいと声をかけられます。
年をまたぐときは2ヶ月分の予約注文も受け付けず、全員髪を切るのだと話してもらいます。

そうして歩いていると、年明けに初詣にくる人たちへ配るためのお餅を用意するから手伝ってくれと僧侶に声をかけられます。

手伝いをしながら年明けの過ごし方を尋ねるエルト。
エルトのいたところでは花火で祝っていましたが、ここでは静かに過ごし、日付が変わるまで起きていることも許されるようになるそうです。
しかし、次の日の寝坊は許されないから気をつけるように言われます。

色奉の儀が終わり、年が明ける鐘の音を聞くと、天藍たちとお祝いを言い合います。
初めてにぎやかに過ごす年明けにワクワクするエルト。
そして極彩の家では元旦に全員歳を重ねると教えてもらいます。

初詣の参拝客で賑わう中、天藍はナズナに挨拶とお世話になったお礼を言うのでした。

彼は天藍の青い髪に似合うだろうと、白椿を一輪持ってきてくれていました。
ちょうど散髪が終えたところだったことに気付くと、天藍は帯にさすといって受け取り、お礼を言います。

ふと机に目をやると、積み重ねられた本の中に栞が挟まっていることに天藍は気づきます。

使ってくれていることに感謝する天藍。

挨拶を済ませ、その場をあとにすると、天藍はナズナが白椿をくれたときの言葉を思い返し、微笑むのでした。

庭に赤く咲いている椿を、屋敷の窓から眺めるイグナル。

使用人が赤い椿が白い雪に映えて綺麗だと共感する言葉を述べます。

一輪取ってきて部屋に飾ろうかと提案する使用人でしたが、イグナルに余計なことをするなと返されてしまいます。
しかし、イグナルは考えをすぐに変え、やはり持ってきてもらうことしました。

部屋に飾られた赤い椿を見て紅のことを思うイグナル。
花に触れようとしましたが、自分がどうかしているとためらい、手を離します。

お墓参りに来た山吹は先を越されたと言います。
すでに紅が墓前で手を合わせていました。

新年の挨拶を一緒にするのは初めてだと紅は言います。
寒くて風邪を引きそうだからとさっさと帰ろうとする山吹ですが、足を滑らせて転んでしまいます。

足を痛めて立てなくなった山吹をおぶろうとする紅。
山吹は嫌がりますが、人を呼びに行くのを待っていたら雪で体が冷えるし、自分も寒いと紅は伝え、ようやくおぶって歩くことに。

帰り道に頭の上に咲いていた椿に気づき、おぶられたまま山吹は一つとります。
紅に似合うからと目の前に差し出しますが、手がふさがっていた紅は山吹にそのまま挿してもらうよう言います。
髪を切ったばかりなのにどこに挿すのかと言葉を返す山吹。

紅は忘れていたと笑います。

山吹は照れながら紅にお礼を言うのでした。

初詣でおみくじで盛り上がる参拝客を見て自分もやってみたいというエルト。
引いてみると、まっしろな紙が出てきました。

信じることが難しいときでも雪のようにまっしろで純粋な心でいるよう書かれていました。
中吉と書かれていたため、いいのか悪いのか分からないと感じてしまいます。

極彩の家に新年最初の郵便が届き、天藍宛に少し大きめの荷物が届いていました。

中には母からのマフラーが入っていました。
今までのものは小さくなっているだろうと編み直してくれたのでした。

もう一つ、エルトの分も入っていると言ってそれをエルトに渡します。

なぜ自分の分もあるのかと驚くエルトに、天藍は以前手紙で母にエルトのことを書いたからと言います。

内容が気になるエルトに、天藍は秘密だと照れます。
実はエルトと仲良くなっていること、特別な存在になっていることを話していたのでした。

天藍と色違いの赤いマフラーに嬉しくなるエルト。
お礼の手紙も書くと天藍に伝えます。

授業の中である色を表した文字の読み方を天藍に聞くエルト。

青い髪の子がつるばみ色と読むことを教えてくれます。
どんな色なのかと興味が湧いてその場に青い髪が集まり、エルトはその髪に囲まれると冷えてくるようだと話します。

気のせいだと言われてしまいますが、僧が色の心理効果について話をしてくれ、必ずしも間違いではないと説明してくれます。

黄色や赤の効果も教えてくれ、紅にときどき感じる怖さに納得するエルト。
自分の黒はどんな印象なのか気になると、神秘や不吉と感じる人、この国では珍しい色として貴重であること、一方で圧を感じされると教えてもらいます。

髪を伸ばしたときにそう言われたことがあることを思い出すエルト。

水仙の花を山吹に持ってきた紅。
足はひねっただけということでした。

山吹は紅にお茶を出しながら、自分の部屋に紅を入れることになるとは思わなかったと気まずい思いをするのでした。

紅は梔子のかんざしを取り出すと、修理できたことを伝え、山吹に返したほうがいいと思っていたことを話します。

しかし、山吹はここを出るまでは紅のものだと言うのでした。

お礼をいう紅に、山吹は婚約者のかんざしを挿してあげればと言います。

喧嘩をしてから連絡を取っていないと答え、いつも年始に連絡をよこしていたが、今回はそれがないことに気づきます。

もともと形だけの付き合いだと言う紅に、山吹は鈍いと答えるのでした。

極彩の家24話(6巻)ネタバレはこちら

極彩の家23話(最新刊6巻)を無料で読む方法

「絵がついた漫画を無料で読みたい!」

「でもウイルスのリスクなく読みたい!」

という方のために、無料で安全に読む方法を紹介します。

お試し期間中にポイントがもらえる動画配信サービス(VOD)サイトを利用する方法です。

おすすめはFODプレミアムです。

\FODプレミアムで無料で読む方はこちら/

  • ・アマゾンアカウントなら初回登録は2週間無料です!
  • ・最大1300ポイント分の漫画を読めます!
  • ・無料期間内に解約すればお金はかかりません!

無料で読む方法を簡単にまとめると

  • ①初回登録でもらえるポイントを受け取る
  • ②ポイントで漫画や漫画雑誌を読む
  • ③無料期間内に解約する

ポイントがもらえるVODサイトは3つあります。

漫画に使えるポイント 無料期間
FODプレミアム 最大1300P(登録時100P、8の付く日に400Pずつ) 2週間
U-NEXT 600P(登録時) 31日
music.jp 600P(登録時) 30日

  

「すぐに読みたい!」 →「U-NEXT」か「music.jp
「ポイントをたくさんもらいたい!」 →「FODプレミアム

どのサービスもお試し期間中は無料でサービスを利用でき、ポイントももらえます。

漫画や漫画雑誌は有料コンテンツですが、このポイントで読むことができます。

読んだ後は無料期間内に解約すればお金はかかりません。

「もう利用したことがある」
「初回登録ではない」

という方は他に半額クーポンがもらえるサービスもあります。

特典
ebook japan 初回ログイン時に50%OFFクーポン
まんが王国 登録時に半額クーポン

FODプレミアムは最大1300ポイント分の漫画が読めるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。

FODプレミアムのメリット

  • ・月額888円が2週間無料(Amazonアカウントで初回登録)
  • ・無料期間中も対象のアニメや映画、ドラマが見放題、100誌以上の雑誌も読み放題
  • ・無料期間中もポイントで電子書籍を購入すると、20%ポイントバック♪
  • ・クレジットカード以外でも登録できる

文章では伝えきれなかったところがたくさんあるので、ぜひ絵のついた漫画も読んでみてくださいね!

\FODプレミアムで無料で読む方はこちら/

感想

紅と距離が近づいていく山吹にほっこりを感じる一方でドキドキも感じてしまいました。

新年になって、いろんな関係が進んでいるように思います。

カラーページで紅から椿を受け取る烏羽や、赤い襟巻きをした烏羽が出てきますが、漆黒に赤い色が似合いすぎてドキドキでした。

スポンサーリンク

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓