※本ページはプロモーションが含まれています

従僕と鳥籠の花嫁の原作は小説?本田楓先生の過去作やデビュー作、SNSも

2023年7月13日

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
試し読みはこちら
(コミックシーモア)

別マで人気の漫画「従僕と鳥籠の花嫁」。

この漫画の原作は小説なんでしょうか?

明治~大正時代のような背景や衣装も見られ、ストーリーも両親に蔑ろにされた主人公という設定が小説っぽい雰囲気を感じさせます。

調べてみた結果、この漫画は小説が原作などではなく、漫画がそのまま原作となっていました。

\試し読みはこちら(コミックシーモア)/

漫画「従僕と鳥籠の花嫁」をまずは試し読みしてみる

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえる!
・月額メニュー登録特典で後日全額ポイント還元!
・従僕と鳥籠の花嫁はシーモアの先行配信!

目次

従僕と鳥籠の花嫁の原作は小説?

結論から言うと、原作は小説ではなくこの漫画です。

コミカライズなどではありません。
れっきとした別冊マーガレットの漫画です。

また、小説版も出ていません。
ストーリー原案者が別にいるというわけでもありません。

また、なろう小説で活動していた形跡もとくに見られません。

原作者である本田楓先生の過去の作品やSNSは?

原作者のホンダ楓先生の他の作品を見てみると、

・百色ロマンチカ

恋に憧れているものの、実際に男の子と接するのは苦手な女子校育ちの百乃。ところが他校のモテ男子・一夜に気に入られてしまい……!? 奥手お嬢様×キケン男子の濃厚LOVE☆

・桜太くんとわたし

イケメン高校生・桜太&かわいい女子・さくら。仲がよすぎるふたりは、ひとつ屋根の下でずーーっとイチャイチャ。お互いのことが大好きすぎてスキンシップが多めなんです♪ ハグ、バックハグ、鼻と鼻でキス、そして……!? ちょっとワケあり・スウィートラブストーリー!

があります。

本田楓先生は元々マンガMeetsという、集英社のマンガデビューサイトに応募したことがプロへのきっかけだったようでした。

↓こちらのサイトで、デビュー作品「ハナコトバ」が無料公開されています。
https://manga-meets.jp/comics/140f12af-e897-4db0-991b-fd261a6baf1b

これらのことからも、本田楓先生の活動は小説などではなく、集英社の漫画家として歩んでこられたことが分かります。

また、SNSをやられているか調べてみましたが、まだ先生の公式アカウントなどは見られませんでした。

まとめ

従僕と鳥籠の花嫁の原作は小説ではなく、別マの漫画が原作であることが分かりました。

本田先生の過去作を見ても分かりますが、美しい絵とキュンとするストーリーは秀逸です。

従僕と鳥籠の花嫁は過去の活動の集大成と言えそうな、本田先生の魅力が詰まった漫画と言えそうです。

今後の展開も楽しみです。

\試し読みはこちら(コミックシーモア)/

漫画「従僕と鳥籠の花嫁」をまずは試し読みしてみる

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえる!
・月額メニュー登録特典で後日全額ポイント還元!
・従僕と鳥籠の花嫁はシーモアの先行配信!

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓