※本ページはプロモーションが含まれています

真実の愛を見つけたと言われて婚約破棄されたので結末と最終回ネタバレ

「真実の愛を見つけたと言われて婚約破棄されたので」について結末と最終回のあらすじネタバレをお届けします。

マリアベルの心の動きに共感し、時にはその苦悩に心を痛めながら、彼女の成長を見守ってきたことと思います。

最終回の展開は、予想を裏切るものかもしれませんが、それぞれの登場人物の成長と、彼らがたどり着く結末に、多くの感動が詰まっています。

最後まで心に残るこの物語の結末、一緒に見ていきましょう。

今すぐ絵がついた漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアおすすめです!

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

真実の愛を見つけたと言われて婚約破棄されたのでをお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!


配信状況について
2023年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ページをご確認ください。

▼全話ネタバレ中のおすすめ漫画!▼

目次

真実の愛を見つけたと言われて婚約破棄されたので結末と最終回あらすじネタバレ!サイモンやアネットも

エドワードとアネットはダンゼル公爵のいなくなった領地に二人で住むことになります。

結局、王位よりもアネットを選んだわけですね。

アネットが養子解消となり貴族ではなくなったことで、エドワードも庶民との結婚に王位を捨てる必要があったから。

サイモンは共和国との繋がりが発覚して幽閉されることになり、正気も失っていて再起は不可能な状態です。

ダンゼル公爵とその息子は王族暗殺の罪で処刑され、晒されることになっていました。

マリアベルは愛するレナートと帝国へ帰り、幸せに過ごしていくことに。

マリアベルはエドワードのことは恨んでいるわけではなく、公爵領で新たな大公として幸せを願っていました。

エドワードとアネットが必ずしも胸がすく結末になっていたわけではないので、爽快とは言い切れないかもしれません。

ただ、マリアベルは婚約破棄があったからこそ今の幸せを得ることができたのだと、とても前向きに捉えられるようになっていました。

事実、今回の事件でダンゼルの企みが発覚して、レナートとの運命的な出会いを遂げられることになったわけなので。

エドワードが公爵領を治めていくことは困難が多そうで、エドワードとアネットがなにごともなく平和に幸せに過ごすとはならなそう。

セドリックの渡した植物はその領地を開拓する鍵になっていきそうで、とても心強く思えてきます。

気になったのは、ダンゼルを裏で操っていたと思われる黒幕の存在です。

王国の正統な血筋であることを主張していたようで、何かを企んでいるようでした。

小説としてはそこから先は描いていないようですが、この黒幕の正体や、今後どんな事態が引き起こされていくのか気になります。

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

真実の愛を見つけたと言われて婚約破棄されたのでをお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!

まとめ

結末について見てきました。

エドワードはダンゼルの領地でアネットともに暮らしていく。

サイモンはその罪によって囚われの身に。

マリアベルが帝国で幸せに暮らしていく姿が目に浮かぶため、そこは救いとなる結末でした。

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

真実の愛を見つけたと言われて婚約破棄されたのでをお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!

▼全話ネタバレ中のおすすめ漫画!▼

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓