【3行でネタバレ】探偵が早すぎる原作小説の結末と橋田の正体を解説!

ドラマ第2シリーズもスタートの原作小説「探偵が早すぎる」。

「ドラマを見て結末を先に知りたくなった」
「でも物語を追っていく時間がない!」
「ネタバレを一から読む時間もない!」

という人もいるのでは?

そこで、結末と橋田の正体を3行で分かりやすく解説します。

※ドラマとは結末が違う可能性があります。

3行でネタバレした後は、詳細部分も紹介していきます。

ここから先はネタバレ注意です!

やっぱり小説を読んで結末を知りたいという方はコミックシーモアがおすすめです!

\コミックシーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

漫画「探偵が早すぎる」をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえる!
・月額メニュー登録特典で後日全額ポイント還元!

スポンサーリンク

目次

【3行でネタバレ】探偵が早すぎる原作の結末と橋田の正体を解説!

原作の結末と橋田の正体です。

  • ・一華が大陀羅一族に勝利し、遺産5兆円を手にする
  • ・橋田は一華の父との契約を終了し、一華と新たに家政婦契約を結ぶ
  • ・橋田の正体は引退した「トリック返し」であり、探偵千曲川光の師匠

一華が大陀羅一族に勝利し、遺産5兆円を手にする

一華と千曲川光は橋田の力を借り、大陀羅一族の最後の相手である天后(あまご)のトリックを暴きます。

結果、天后を遺産争いから失脚させます。

天后は偽物を用意し、その偽物もろとも一華と千曲川光を亡き者にしようとしたのでした。

偽物を見抜けなかった千曲川光は窮地に立たされますが、ここで橋田が本性を現します。

橋田はすでに天后のトリックを見抜いており、偽物がやろうとしていた道連れトリックも阻止。

本物の天后も押さえていたのでした。

橋田は一華の父との契約を終了し、一華と新たに家政婦契約を結ぶ

橋田は本当の自分を一華に知られ、一華に恐怖を与えてしまったことを後悔し、家政婦を辞めることを伝えます。

しかし、一華は橋田のありのままの姿を受け入れ、橋田の意思を一度承諾した後、再度自分との契約を結ぶ約束をするのでした。
父との契約を「辞める」ということにしたのです。

橋田は自分の雇用額が高いことを心配しますが、遺産を手に入れた一華は全く問題ないからと、橋田とこれからも一緒にいることにするのでした。

橋田の正体は引退した「トリック返し」であり、探偵千曲川光の師匠

探偵である千曲川光はトリック返しとして伝説になった橋田の弟子でした。

橋田は引退したものの、千曲川光よりもその実力はまだまだ上だったのです。

トリック返しとしてずば抜けた能力を持っていた橋田は、自身の感情の乏しさをよく思っていませんでした。

一華の父はそんな橋田のためにもなるからと、橋田を感情豊かな一華のボディーガードにしたのでした。

ラストで橋田は、一華の側に居続けたのに、変われていない自分を嘆きますが、一華がありのままの橋田を肯定します。

橋田が千曲川光を雇ったのは、自分は一華の近くにいて一華を守らなければならなかったからでした。

まとめ

探偵が早すぎる原作の結末は、読者さえもトリックに陥れていたような内容でした。

身近に最強の探偵がいたことで、一華はずっと守ってもらえていたことにも気付いたわけですね。

物語が終わった後も二人の主従関係は続きますが、それまでとは違った絆で結ばれているに違いありません。

表向きは今まで通りの生活を送ったとしても、心のなかでは今まで以上に深い信頼で繋がっていることでしょう。

そんな二人のこれからも見てみたい気がしますね。

原作小説をお得に読むならコミックシーモアがおすすめです。

\コミックシーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

原作小説「探偵が早すぎる」をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・月額メニュー登録特典で後日全額ポイント還元!
・漫画版「探偵が早すぎる」も配信中です!

スポンサーリンク

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓