※本ページはプロモーションが含まれています

かつて女の子だった人たちへ6話ネタバレと漫画感想!レミの価値観の気付き

2023年12月11日

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
試し読みはこちら
(コミックシーモア)

漫画「かつて女の子だった人たちへ」6話(6巻)。

この記事ではそのネタバレと感想、無料またはお得に読む方法も紹介していきます。

今すぐ絵がついた漫画をお得に読みたい方はコミックシーモアおすすめです!

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

かつて女の子だった人たちへ6話(6巻)をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!
・「かつて女の子だった人たちへ」はシーモアの先行配信!


配信状況について
2023年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ページをご確認ください。

ネタバレではなく、絵と一緒に今すぐ読みたい方は「かつて女の子だった人たちへ6話(6巻)を無料またはお得に読む方法」で詳細を紹介しています。

かつて女の子だった人たちへネタバレ一覧はこちら↓
かつて女の子だった人たちへ1話
かつて女の子だった人たちへ2話
かつて女の子だった人たちへ3話
かつて女の子だった人たちへ4話
かつて女の子だった人たちへ5話
かつて女の子だった人たちへ6話
かつて女の子だった人たちへ最終回はいつ?完結話数は決定済みだった!
かつて女の子だった人たちへ全話全巻ネタバレまとめ!

▼全話ネタバレ中のおすすめ漫画!▼

目次

漫画「かつて女の子だった人たちへ」6話(レミ・弓編の完結最終話)ネタバレ含むあらすじ&感想【花衣ソノ 砂川雨路】

6話のネタバレを三行でまとめると

  • ・レミは引っ越し準備で母の元に荷物を預けようと久しぶりの連絡を取る
  • ・傷は引いたものの、職場からは嘲笑され見下されてばかり
  • ・管理課へ部署異動となり、そこでダサい女から価値観の考え方に気付く

6話の見どころは

  • ・レミの価値観が形成されたのは父とその被害者である母が原因だった
  • ・レミを見下し転落を喜んでいた職場の人間たちも醜悪に描かれている
  • ・レミは自分の価値観が自分のものではない偽りの価値観だったことに気付く

6話ネタバレ含む感想とあらすじ

レミの価値観が作られた経緯

レミの外見至上主義は両親がそのように育てたのが原因でした。

両親もその偏った価値観を頑なに持ち続けていたのでした。

レミの母もレミのことを外見ばかり褒めていて。

レミの母の言動も不快に感じるところでした。

なぜそこでレミを出すのかと。

レミの母がこんなことばかりするのは、本当に夫の影響だけなのか、母の両親の影響も気になりました。

電話だけでなく、レミが母と会ったらどんなことになっていたのかも考えさせられます。

職場で続く嘲笑と転落

一方、職場では相変わらずレミは嘲笑の的になっていました。

最初はレミにざまあでしたが、なんだか弱いものいじめに発展しているような。

そんな中でもレミは毅然とした態度ですが、あまりレミも反省しているようには見えず。

営業から管理課に部署異動したのも、レミの転落を喜ぶ材料となっていました。

部署異動後もレミの価値観は変わっておらず、反省無しのレミの嫌な女ぶりが清々しいくらいです。

敬士に騙されて傷つけられても懲りないふてぶてしさ。

この部署への異動はむしろレミにぴったりなのかも。

レミと違う価値観を持つ女性社員

しかし、管理課で出会った女性社員との関わりを通して、レミの価値観にようやく変化が訪れていました。

その女性は容姿を気にかけるよりも、凝ったお弁当作りが楽しくてしょうがなく。

もちろんレミは彼女のことを全く理解できなかったのですが、価値観に対する持論を聞かされて、レミはハッとしていました。

弓を傷つける衝動も、その本来の自分とは違う価値観が大きく影響していたよう。

レミを通してこの漫画が伝えたかったことは、価値観の持ち方は自由であることではないかと思いました。

タイトルもそんなメッセージが込められているのでは。

自分が決める価値観にはどんなものがあるのか?
とても考えさせられる結末でした。

レミの結末は?

レミは結局、この女子社員を通して今までの自分の価値観の過ちに気付くことになります。

ここでレミの物語は結末を迎えるため、その後どうなったのかは語られていません。

レミがこれからどんな価値観を選んでいくのか?

押し付けられた価値観はすぐには捨て去ることはできないかもしれません。

しかし、この女子社員と関わっていく中で、レミはどんどん変化していきそうな気もします。

容姿以外の価値観をきっと見つけていくのだろうと。

そのとき、レミにもしっかりした男性が見つかるのではないでしょうか?

容姿の価値観を変えていったレミがどんなレミになるのか、続きが気になるところでした。

レミが容姿以外で過去に楽しみや価値を見出してきたような描写はありません。

なので、レミは過去を振り返りながらこれからそれを探していくのだろうと思います。

この心境の変化と気付きについて、母とも対話をするつもりのようでした。

レミの母との対話を通して、レミはなにか新たな価値観を見つける手がかりを得られるかもしれませんね。

そのとき、弓と本当に仲良くなれるときが来るのかもしれません。

敬士の結末は?

敬士は詐欺で捕まっています。

職場に復帰することも、レミと会うことももうないでしょう。

一番転落したのは敬士だったかもしれません。

クズだったので仕方ないかもしれませんが、レミのように気付いて変化していく望みもなさそうです。

弓の結末は?

弓は5話を最後に登場していません。

旦那との海外暮らしをスタートしていることでしょう。

レミも弓への嫉妬心に気付いていましたが、癪だからと弓と会うつもりはありません。

レミの物語を通して弓が登場することは6話を見る限りではもうないということ。

しかし、レミの価値観が変わったときに、その思いが変化するときが来るかもしれません。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
試し読みはこちら
(コミックシーモア)

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

かつて女の子だった人たちへ6話(6巻)をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!
・「かつて女の子だった人たちへ」はシーモアの先行配信!

かつて女の子だった人たちへネタバレ一覧はこちら↓
かつて女の子だった人たちへ1話
かつて女の子だった人たちへ2話
かつて女の子だった人たちへ3話
かつて女の子だった人たちへ4話
かつて女の子だった人たちへ5話
かつて女の子だった人たちへ6話
かつて女の子だった人たちへ最終回はいつ?完結話数は決定済みだった!
かつて女の子だった人たちへ全話全巻ネタバレまとめ!

かつて女の子だった人たちへ6話(6巻)を無料またはお得に読む方法

無料またはお得に読めるサービスを紹介します。

サービス名 特徴
コミックシーモア 新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえる!月額メニュー登録特典で後日全額ポイント還元!(最大20000ポイント!)
シーモア読み放題 初回7日間無料で15万冊以上の多ジャンルが読み放題!
BookLIVE 初回登録で70%OFFクーポンがもらえる!月額無料!
マンガBANGブックス WEBでの初回購入限定で90%OFFクーポン!全作品40%ポイント還元!
ebook japan 初回ログイン時に50%OFFクーポンがもらえる!月額無料!

おすすめはコミックシーモアです。

コミックシーモアは新規無料会員登録時に70%オフになるクーポンがもらえます。

さらに、月額メニュー登録で後日全額ポイント返還の特典もあります。
この特典は最大20000ポイントまで受け取れるので、実質全巻無料で読むこともできます。

他にも、お得なキャンペーンが継続的に行われています。

長い目で見ても漫画をお得に購入することができます。

私も使ってみましたが、アプリの使用感も悪くなく、スムーズに読めて使い勝手も良かったです。いくつか漫画アプリを使ってきましたが、シーモアは設定も細かくできて快適に読めます。

コミックシーモアの特徴やメリット

  1. 新規登録特典が豪華!70%OFFクーポンや月額メニュー全額ポイント返還など!
  2. 配信数が多い!電子書籍が91万冊以上!
  3. 3500万人超の月間利用者数!
  4. 安心のNTTグループであるNTTソルマーレ株式会社の運営!
  5. 創業から15年以上継続している老舗サービス!
  6. 女性向け漫画に強い!
  7. 無料漫画は約15000作品以上!
  8. アプリがなくても読めてPCやタブレットでも読みやすい!

文章では伝えきれなかったところがたくさんあるので、ぜひ絵のついた漫画も読んでみてくださいね!

\シーモアで今すぐお得に読む方はこちら/

かつて女の子だった人たちへ6話(6巻)をお得に読む

・新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえます!
・オリコン顧客満足度ランキング第1位獲得!
・「かつて女の子だった人たちへ」はシーモアの先行配信!

▼全話ネタバレ中のおすすめ漫画!▼

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓

Comic Lueur

Posted by zuku