ランドリオール(Landreaall)196話(34巻)ネタバレと漫画感想!凹むリドがカワイイ

2020年5月11日

ランドリオール(Landreaall)34巻に掲載の196話「ファラオンレポート」。

この記事ではそのネタバレと感想、無料で読む方法も紹介していきます。

絵がついた漫画を無料で読みたい方はFODプレミアムがおすすめです!

\FODプレミアムで無料で読む方はこちら/

  • 初回登録は2週間無料で、最大900ポイント分の漫画を読めます!(アマゾンアカウントで登録した場合)
  • 無料期間内に解約すればお金はかかりません!

配信状況について
2020年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ページをご確認ください。

ネタバレではなく、絵と一緒に読みたい方は「ランドリオール(Landreaall)34巻を無料で読む方法」も紹介しています。

ランドリオールネタバレ一覧はこちら↓
  • ランドリオール(Landreaall)205話(36巻)
  • スポンサーリンク

    目次

    ランドリオール(Landreaall)34巻196話「ファラオンレポート」ネタバレ

    ゼクスレンは進捗の悪さに苛立ちを見せています。
    少し休めというブレネース。

    しかしゼクスレンは上層階のパーティをひとつでも救出するまで休まないといいます。

    階段も発見してB4にも斥候を出しているからB3の踏破率が下がるのは当然だという声も。

    草原から潜らせてはどうかという意見に湿地帯のモンスターが片付いたら検討すると答えます。

    傭兵騎士団にそこまでの余力があるかと心配するブレネース。

    教会が責任を認めれば神官隊か聖騎士団を派遣してくれるのではという意見に代表が石頭だからとゼクスレンは悩みます。
    神官騎士長の交渉に期待しようというブレネースですが、ひとひねりでいいくるめてくると予測しています。

    今日で5日目だというゼクスレンは深層の一行を気にかけます。

    リドが目を覚ますと周囲には他の仲間が寝ていました。
    DXがリドの様子に気づき、リドはおはようといいます。

    フィルが起き出し、痛みや具合の悪さがないのかとぶっきらぼうに心配します。
    ぽかんとしながらないと思うと答えるリド。

    責めてるのか心配しているのか分からない言い方でよかったなというフィルに、DXは彼が怒ってるのではなく心配していたと話します。

    状況が理解できないまま、謝るリドにティティはリドが歩きながら寝ていたと説明。

    リドは驚くも記憶がないと言います。

    ちゃんと戦っていたというライナス。
    フィルがモンスターに反応にして刀を抜こうとしていたことを話します。

    DXは疲労で気絶したのだと説明し、気が付かなかったことを謝罪。
    強いから頼りにしていたけど、ダンジョンが初めてなことに改めて気付くティティ。

    リドは自分の疲労でキャンプをすることになったことに責任を感じます。
    DXは自分のミスだとかばいます。

    ペースを地図担当のルーディーに合わせていたのでした。
    しかし彼はダンジョン慣れしているとライナスが話します。

    フィルがそこで34層から出られないのではと不安をこぼします。
    リドも34層なんだなと確認すると、リドのせいではないとティティ。

    ループトラップのせいかもしれないとルーディーは説明し、DXは来た道を戻る提案をします。

    そこでティティがトリクシーから助言をもういます。

    ループトラップはB42より下でないと存在しないというのでした。

    トリクシーはダンジョンの資料が手に入り、それを知ったと言います。

    ループした理由を再確認する一行。

    ティティが地図を確認すると数字を発見。
    なんの数字か確認すると、ルーディーは柱の数だといいます。
    古代遺跡だからと続けると、真っ青な顔で柱が等間隔ではないと話すティティ。

    呆然とする一行。

    ティティは侵入者を惑わせるギミックだといい、長さや太さ配置も変えているのだと話します。

    あやまるルーディー。

    ライナスは単なる地図の書き間違いかと気づきます。
    リドが倒れたおかげで無駄に歩き回る必要がなかったとフォローを入れますが、逆にリドとルーディーは落ち込んでしまいます。

    落ち込む二人をフォローするティティとフィル。

    リドはフィルの分かりづらい励まし方にも慣れてきていました。

    幽架書斎では深層の情報を見つけたという話になります。

    レイが国王から資料を渡されていたのでした。
    国王は学者としても権威であり、レイの天恵を使って必要な資料を絞り込んで整理したのでした。

    レイの天恵は手書きの文章から真偽を見抜くことができるだけでなく、記憶にも接触できるのでしたが、筆者が情報を信じ込んでいる場合はそれが真実の情報として扱ってしまうのでした。

    そこでさらに国王の目で選別作業を入れて集められた地下王城の記録。

    アニューラスは国王の書庫に入れるレイたちに疑問を感じます。

    レイとディアは自分たちが王命で書庫の整理などに従事していることを伝えます。

    古書庫から貴重な資料を出したことを心配するアニューラスに、ディアは王の代わりに許可します。

    古語の部分をディアたちが解読してピックアップし、アニューラスにB3キャンプへ持っていくように伝えます。

    資料が届いたキャンプでは役立つ情報の宝庫であることに歓喜します。
    その情報を元に早急に作戦を練り直すことに。

    B4の斥候が遭難パーティの痕跡を発見したという報告があがります。

    候補生のいる救助隊に追わせ、斥候隊は逆行してB5への階段を探させる指示をするゼクスレン。

    深層ではDXが自分の失敗を考えていました。
    リドはリーダーの言うとおりに休まなきゃいけないと思っていたから疲れても言わなかったのだろうと。

    そして母の言葉を思い出します。
    失敗をさっさと通せ、成功が来るのは最後と。

    仲間たちに昨日も必要な一日だった、失敗を大目に見てくれと言い、今日はもっとうまくやると話します。

    ルーディーには歩測で地図書きをするようにいいます。

    ルーディーが明かりの喚起をすると、彼の荷物が光っていることに気付くDX。
    デレクの荷物にあった使いみちの分からない発掘品でした。

    感想

    落ち込むリドとルーディーがかわいいです。

    普段は強くてクールなリドですが、意外な弱点が発覚したのもどこか親しみを感じてしまいます。

    心配ベタなライナスとフィルが追撃してしまうのもクスっとしてしまうポイントでした。

    DXの失敗に対する前向きな姿勢も勇気をもらえますね。
    一行はあまり表に出しませんでしたが、心強さを感じていたのではないかなと思いました。

    ランドリオール(Landreaall)34巻を無料で読む方法

    無料で安全に読む方法を紹介します。

    お試し期間中にポイントがもらえる動画配信サービス(VOD)サイトを利用する方法です。

    おすすめはFODプレミアムです。

    無料で読む方法を簡単にまとめると
    • ①初回登録でもらえるポイントを受け取る
    • ②ポイントで漫画や漫画雑誌を読む
    • ③無料期間内に解約する

    ポイントがもらえるVODサイトは3つあります。

    漫画に使えるポイント 無料期間
    FODプレミアム 最大900P(登録時100P、8の付く日に400Pずつ) 2週間
    U-NEXT 600P(登録時) 31日
    music.jp 600P(登録時) 30日

      

    「すぐに読みたい!」 →「U-NEXT」か「music.jp
    「ポイントをたくさんもらいたい!」 →「FODプレミアム

    どのサービスも動画以外に、雑誌や電子書籍も配信しています。
    お試し期間中は無料でサービスを利用でき、ポイントももらえます。

    漫画や漫画雑誌は有料コンテンツですが、このポイントで読むことができます。

    読んだ後は無料期間内に解約すればお金はかかりません。

    ※600円以上の漫画誌やコミックだと、U-NEXT・music.jpの場合は不足額の支払いが必要です。

    FODプレミアムは最大900ポイント分の漫画が読めるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。

    FODプレミアムのメリット
    • 月額888円が2週間無料(アマゾンアカウントで初回登録した場合)
    • 無料期間中もプレミアム対象のアニメや映画、ドラマが見放題、100誌以上の雑誌も読み放題
    • 無料期間中もポイントで電子書籍を購入すると、20%ポイントバック
    • クレジットカード以外でも登録できる

    文章では伝えきれなかったところがたくさんあるので、ぜひ絵のついた漫画も読んでみてくださいね!

    \FODプレミアムで無料で読む方はこちら/

    ランドリオールネタバレ一覧はこちら↓
  • ランドリオール(Landreaall)205話(36巻)
  • スポンサーリンク

    その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓

    Comic ZERO-SUM

    Posted by zuku