虫かぶり姫10話ネタバレ(2巻10幕)と漫画感想!誤解が解けて愛し合う二人

2020年5月19日

この記事では漫画「虫かぶり姫」第10話(第10幕)のネタバレと感想、無料で読む方法も紹介していきます。

絵がついた漫画を無料で読みたい方はFODプレミアムがおすすめです!

\FODプレミアムで無料で読む方はこちら/

  • 初回登録は2週間無料で、最大1300ポイント分の漫画を読めます!(アマゾンアカウントで登録した場合)
  • 無料期間内に解約すればお金はかかりません!

配信状況について
2020年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ページをご確認ください。

ネタバレではなく、絵と一緒に読みたい方は「漫画版の虫かぶり姫第10話(第10幕)を無料で読む方法」も紹介しています。

虫かぶり姫ネタバレ一覧はこちら↓

目次

漫画「虫かぶり姫」第10話(単行本2巻10幕)ネタバレ

ベルンシュタイン家が有能であると告げられて恐縮するエリアーナですが、自分の家が本好きなだけだと思っていたため、すぐには信じられずにいました。

それを悟ったクリストファーはツェルガの話をたとえ話として出します。

エリアーナと兄のアルフレッドが、ツェルガの色合いや鉱石、名前の由来などの知識を語り合っているとき、遠目からさすがだと冷や汗を流してアレクセイと見ていたのでした。

そしてエリアーナのおかげでカスール伯爵は責任を負わずに済んだと。
あのまま宝物庫の鑑定士に鑑定させていたらカスール伯爵の責任になっていたのだといいます。

そしてそれ以外にもベルンシュタイン家に助けられたことはたくさんあるのだと話します。

宮廷勤めを始めた当初からエリアーナの父と兄は優れた能力を発揮していて、アレクセイが役職に引き抜きたいと考えていたことを打ち明けます。

しかし彼らはそれを全て断り、書庫づとめを代々してきたのだと。

そうした彼らだからこそクリストファーの父も宰相も、自分を諭したのだといいます。
サウズリンドの頭脳の機嫌を損ねるような要求はやめたほうがいいと。

諦めきれない当時のクリストファーは直接ベルンシュタイン侯爵に申し出ます。
翌日からエリアーナの姿が王都から消えてしまう結果になるのでした。

うかつな当時の自分を後ろから殴り倒してやりたいと語るクリストファーに、エリアーナは自分を後ろから殴ることはできないと冷静に答えます。

エリアーナはあることを思い出します。
母親がなくなったとき、父が沈み込んで本にも向き合えない期間があったと。
そのときの父は自分と兄をそばから離さないでおり、エリアーナは王都で過ごすようになっていました。

突然9歳の頃に領地の祖父の元へ送られてしまったことがあったが、それがクリストファーの原因であることに思い至ります。

その後も繰り返しエリアーナの祖父と父に申し出をしては断られたクリストファーが、社交界デビューしたエリアーナを見ることになります。

信じられないくらい可愛くなっていてたくさんの男から言い寄られるようになり、エリアーナは全く言い寄られていることに気づきもしなかったのだとクリストファーは話します。

自分のことも覚えていないしと続けるクリストファー。
他の男から口説かれたときもどれだけ心配したかという彼は、無自覚すぎるからもっと自分が魅力的で人目を引く容姿であることに自覚を持たないとダメだと必死に話します。

図書館の亡霊である自分がそんなに人気があるのかとエリアーナは驚きます。

分かっていないと感じたクリストファーは、エリアーナがどんなに変わっても自分の気持ちは変わらないといい、エリアーナの手をぎゅっと握ります。

その手を見て恥ずかしくなり赤くなるエリアーナに、少し思い知ったほうがいいのかと、10年近くかけてやっと捕まえたんだと話します。

今更何が起きても手放すつもりはないといいます。

下を向いて真っ赤になるエリアーナは戸惑うばかりでした。
そんな様子を見てかわいいと思うクリストファー。

恥ずかしがりながらも顔を上げてクリストファーの顔をちらりと見ると、真剣な表情で自分を見つめていました。
エリアーナは鈍感な自分でもクリストファーが自分を望んでくれていることが分かると心のなかで思うのでした。

しかし自分は妃としての教育を受けていないと伝えます。
そんなことを気にしていたのかというクリストファーはすでにエリアーナが試験を受けていることを話します。

クリストファーの母や女官の質問攻めにあったときに礼儀作法や教養をすべてクリアしたために、教育の必要なしと判断されたのだと説明します。

聞いていなかったというエリアーナに言ってないというクリストファー。
言ったらエリアーナが逃げると思っていたと笑顔で言います。

エリアーナはクリストファーのキラキラした笑顔は悪魔の微笑みだったのだと内心思うのでした。

クリストファーから逃れられる気がしないエリアーナ。
クリストファーは彼女の手にキスをします。

しかしエリアーナは社交界が得意ではないと話します。
クリストファーは自分の母が外交が苦手だと答えます。

他国の文化や言語、知識が苦手でいつも他国からの来客があるときはエリアーナを呼ぶのだと。

エリアーナは婚約者としての役割でしかないと思っていましたが、他国の本に興味があって勉強もしていたエリアーナは役に立っていたのでした。

クリストファーの後出しの話しが多すぎて自分も手のひらの上で踊っていると感じだすエリアーナでしたが、クリストファーの気持ちがわかり、建前の婚約だと不安になっていたところがすべて解消できたと安心します。

クリストファーは人の上に立つものは完璧を求められるけど、人間だから得手不得手があるといいます。
しかし自分やエリアーナの周囲にはそれを補ってくる人たちがいると。

なにより、このさきもずっと自分のそばにいてほしいと話し、エリアーナはそれを望まないのかと問いかけます。

泣きそうな顔になるエリアーナ。
アイリーンと恋仲になっていると思ったときのエリアーナは、クリストファーが好きなのに、これ以上そばにいることができないことが悲しくて仕方ありませんでした。

しかし、誤解も解けた今は、とクリストファーの顔を見ると、微笑んでいる彼の姿が映ります。

そばにいてもいいのかと涙と震える声で聞くエリアーナ。
それを見て、クリストファーも真っ赤になります。

満面の笑顔でエリィと呼び、エリアーナと呼び直します。
そして後にも先にも自分が望むものはエリアーナだと話します。

涙を浮かべるエリアーナは書物ではわからない世界があることを初めて知ったとほほえみながら言うのでした。

エリアーナの涙を拭い、そっと手で触れた顔を引き寄せ、愛しい虫かぶり姫と言って見つめたまま唇を近づけるクリストファー。

エリアーナは悲しみも愛しさもすべてクリストファーからだと思いながら彼の目を見つめ、これからも先もきっと、と思いながらキスを交わします。

感想

かつてない最高のキュンシーンでした。
まだかまだかと読者にお預けしていた初キスも最高に良い雰囲気でしてくれました。

キスする直前のエリアーナの表情はそれはもううっとりとした満たされた表情をしていて、本のことすら頭にはひとかけらもありませんという感じでした。

虫かぶり姫ですがそのときはきっとクリストファー一色になっていたはずです。

読後の気持ちとしては幸せを分けていただいた気分でした。

絶対に絵で見てもらいたいところです。

お互いの誤解が解けて、本当に良かったと思える回でした。

漫画「虫かぶり姫」10話(10幕)を無料で読む方法

無料で安全に読む方法を紹介します。

お試し期間中にポイントがもらえる動画配信サービス(VOD)サイトを利用する方法です。

おすすめはFODプレミアムです。

無料で読む方法を簡単にまとめると
  • ①初回登録でもらえるポイントを受け取る
  • ②ポイントで漫画や漫画雑誌を読む
  • ③無料期間内に解約する

ポイントがもらえるVODサイトは3つあります。

漫画に使えるポイント 無料期間
FODプレミアム 最大1300P(登録時100P、8の付く日に400Pずつ) 2週間
U-NEXT 600P(登録時) 31日
music.jp 600P(登録時) 30日

  

「すぐに読みたい!」 →「U-NEXT」か「music.jp
「ポイントをたくさんもらいたい!」 →「FODプレミアム

どのサービスも動画以外に、雑誌や電子書籍も配信しています。
お試し期間中は無料でサービスを利用でき、ポイントももらえます。

漫画や漫画雑誌は有料コンテンツですが、このポイントで読むことができます。

読んだ後は無料期間内に解約すればお金はかかりません。

※600円以上の漫画誌やコミックだと、U-NEXT・music.jpの場合は不足額の支払いが必要です。

FODプレミアムは最大1300ポイント分の漫画が読めるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。

FODプレミアムのメリット
  • 月額888円が2週間無料(アマゾンアカウントで初回登録した場合)
  • 無料期間中もプレミアム対象のアニメや映画、ドラマが見放題、100誌以上の雑誌も読み放題
  • 無料期間中もポイントで電子書籍を購入すると、20%ポイントバック
  • クレジットカード以外でも登録できる

文章では伝えきれなかったところがたくさんあるので、ぜひ絵のついた漫画も読んでみてくださいね!

\FODプレミアムで無料で読む方はこちら/

虫かぶり姫ネタバレ一覧はこちら↓

その他の漫画ネタバレ一覧はこちら↓

Comic ZERO-SUM

Posted by zuku